0829-44-1180(受付時間 09:00〜21:00)
ともちんの日記

なぜ、旅館の仕事をしているのか?ゴールデンサークル理論を聞いて感じた事。

更新日 2014.10.08
目次

こんにちは!若旦那武内こと、宮島観光アドバイザーのともちんです。

今日のブログは、サイモン・シネックがTEDでのプレゼンしていた、『ゴールデンサークル理論』という、WHY⇒HOW⇒WHATの順で物事を考え、行動を起こしなさいという理論なんですが、とても勉強になったというか?すっきりしたのでシェアしたいと思います。

ゴールデンサークル理論

簡単に説明すると

WHY→なぜそうするのか?(目的や理念、理想)

HOW→どうやるか?(商品の伝え方や、方法や理論、応用の仕方)

WHAT→何について?(商品)

このTEDのプレゼンの中に、あった事例がとても分かりやすかった。

アップル社の事例

「我々のすることはすべて、世界を変えるという信念で行っています。違う考え方に価値があると信じています。私たちが世界を変える手段は、美しくデザインされ、簡単に使えて親しみやすい製品です。こうして素晴らしいコンピューターができあがりました。ひとつ、欲しくなりませんか?」

商品から、説明するのではなく、思い(目的や理念、理想)から説明している。

でも、これってとても大切な事だと思う。その会社がお客様に届けたい想いがある、だからこの商品を作っています。そんな会社だったらファンにならないワケないですよね。

ボクも旅館の仕事も帰ってから7年が経ちますが、売上を達成する事も大切はもちろん経営をしていて大切です。それと同時に、WHY(なぜ旅館の仕事をしているのか)何のために今の仕事をしているのか?今一度考える機会になりました。

 

Q. なぜ旅館の仕事をしているのか?

お客様に喜んでもらいたい、笑顔になってもらいたい、また楽しい時間を旅館や宮島で過ごしてもらいたいから。

Q. なぜ売上や利益を上げるのか?

よりお客様に喜んでもらうために、投資やサービスの向上を目指すため、お客様、スタッフの生活を豊かにするため。

 

ブログまとめ

なぜ、あなたは、今の仕事をしているのか?シンプルだけど、とても大切な事だなってTEDのプレゼンを見て感じました。仕事でも商品でも何でも応用できるので考えて見てはどうでしょうか?

 

TEDのプレゼンはこちらを見てみてね!スマホでは英訳がないので、パソコンがおすすめ。

シェアしてくれたらぶち嬉しいけ!

書いている人

ホテル宮島別荘の若旦那
武内智弘(ともちん)

1981年広島県宮島生まれ宮島育ち。大学を卒業後、神楽門前湯治村で修行を積み、故郷宮島へ戻り、家業である宮島にある大正から続く100年宿『錦水館』の跡継ぎとして同旅館と、錦水館の経営する『ホテル宮島別荘』の代表を務める。宮島の魅力を伝えるため、宮島での思い出づくりをサポートすべく日々奔走中。