宮島観光情報

観光の休憩に!珈琲薫、お洒落なカフェ「Cafe Sarasvati」をご案内。

まとめ

宮島 サラスヴァティ

こんばんは、若旦那武内こと、宮島観光アドバイザーのともちんです。

今日のブログは、観光の休憩に!珈琲薫、お洒落なカフェ「Cafe Sarasvati」をご案内。という事で、宮島にある素敵なカフェをブログで紹介したいと思います。近年、宮島はお土産屋さんよりも飲食店やカフェが沢山オープンしました。宮島は観光の後、ゆっくり休む場所がない・・・というのは、問題と感じていましたが、滞在するカフェが増えて観光のお客様ものんびり滞在できるようになってきました。

観光の受け入れを行う、宮島島民としては嬉しい事です(^-^)

それでは、今日のブログスタートです。

目 次

1.女性に人気!「Cafe Sarasvati」をご紹介

2.ブログまとめ

1.女性に人気!「Cafe Sarasvati」をご紹介

宮島の町屋通りを五重塔方面に向かって歩き、左手のトンネルを上っていくと、「あ?香ばしい珈琲の香り・・・」と思わず口に出してしまうような香りがします。宮島桟橋から徒歩15分程です。入口はこんな感じです。

Sarasvati?

 

珈琲の香りがする理由は、入口で自家焙煎されている珈琲豆。本格的に焙煎した珈琲を味わえるのも、Sarasvatiの魅力です。
Sarasvati?

 

今日は2階のスペースで、珈琲を頂きます♪淡い電球色の照明やディスプレイがとても落ち着きますね。こういったのんびり寛げる場所があるのは、観光のお客様にとって嬉しいですね。

Sarasvati?

ここのオススメは、ちょっとほろ苦いカフェモカが女性に人気です。カップの底にチョコがあるので、溶かしながら飲むと程良い甘さ。

Sarasvati?

 

ふ?っと、本当に落ち着く。これからの時期、観光の途中に立ち寄って、のんびり休憩するのも良いですね。

ブログまとめ

今日は宮島島内にあるお洒落なカフェ「Cafe Sarasvati」をご紹介しました。いかがでしたか?宮島にはこんなに居心地が良いカフェが増えてきています。やっぱり徒歩での観光は疲れますよね。徐々にブログでカフェを紹介して行き、観光でお越しになられるお客様の休憩できる場所を紹介できればなって思います。取材協力して頂いた皆様に感謝です。それはまた別のブログで♪

お店情報 Cafe Sarasvati

・場所 〒739?0588 広島県廿日市市宮島町407

・電話 0829?44?2266

・営業 8:30?20:00

・休み 不定休

・WEB ?http://www.sarasvati.jp/index.html

アドバイザーは宮島にいるバナー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

  1. 第5回宮島フォトコン入賞作品&グランプリを発表!
  2. 宮島 秋の紅葉情報をお届け【紅葉谷公園 2018.11.3時点】

関連記事

  1. 宮島観光情報

    宮島 春に向けて”ともちん”がオススメする桜のスポットを紹介?

    こんにちは、最近は出張が続いて、バタバタしている僕ですが、また明日東京…

  2. 宮島観光情報

    宮島の桜の花びらも散ってきました!島内の桜状況をお届け。

    こんばんは、錦水館の若旦那 武内こと、宮島観光アドバイザーのともちんで…

  3. 宮島観光情報

    春はお花見だけじゃない!島内で体験できる「みやじま雛めぐり」

    こんにちは、宮島の温泉旅館「錦水館」の若旦那武内こと、宮島観光アドバイ…

  4. ともちんの日記

    宮島をワクワクさせるライフスタイルマガジンMIYATUSが完成間近です!

    こんばんは、錦水館の若旦那 武内こと、宮島観光アドバイザーのともちんで…

  5. 宮島観光情報

    やっぱり好きだな!宮島の穴子飯の美味しいお店「和田」。

    宮島の温泉旅館「錦水館」の若旦那 武内こと、宮島観光アドバイザーのとも…

広島県の天気

ブログカレンダー

2019年5月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  


  1. ともちんの日記

    モチベーションが下がった時にする3つの事?ボクの場合?
  2. ともちんの日記

    宮島観光アドバイザーのパロディ・ポスター(パート?)
  3. 宮島お店情報

    宮島表参道商店街にオープンした「みやじま食堂」に行ってきましたパート?
  4. 宮島お店情報

    日本酒とお料理が美味しいお店「まめたぬき」をレポート
  5. ともちんの日記

    SNSは、お客様と関係を深めることができると実感したこと。
PAGE TOP