宮島観光情報

宮島観光ゴールデンウィーク前に注意したい3つのコト。

更新日 2015.04.25
目次

宮島 ゴールデンウィーク

こんばんは、若旦那武内こと、宮島観光アドバイザーのともちんです。

今日のブログは、「宮島観光ゴールデンウィーク前に注意したい3つのコト。」についてブログで紹介をしています。もしあなたが、大型連休を宮島で過ごさせる場合、この3つのコトを注意しておいた方が良いですよ!という視点で書いています。

せっかくの連休の旅行、宮島での観光を楽しみたい方へ書いた内容ですので、是非ご覧下さい!

宮島観光ゴールデンウィーク前に注意したい3つのコト。

【その1】交通アクセスに関する注意

【その2】観光施設に関する注意

【その3】急患に関する注意

【その1】交通アクセスに関する注意

宮島街道

ゴールデンウィーク期間は、宮島へ向かう国道2号線は、1車線しかありませんので、お昼前になると連休中は渋滞になり、予定時刻よりも到着が遅れてしまい、観光に使う時間がとれないケースが大変多いです。そのため、宮島へお越しの際は、列車での移動がオススメです。広島駅から宮島口は片道約25分で到着です。列車も混みあいますが、時間通りに運行しますので、安心です。またお車の場合、広島駅周辺の駐車場に停めてお越しになられるお客様も多いです。

どうしても車で来られる方へ参考になるサイトをご紹介。

【その2】観光施設に関する注意

宮島ロープウェー

観光施設に関する注意として、連休中に大変混み合う施設が、「ロープウェー」。最近は弥山へ行かれるお客様が多いので、利用が大変増えています。そのため、もみじ谷公園内の乗り場はお昼頃から混みあい1時間待ちになるパターンが多いです。もしあなたが宿泊された時に、ロープウェーを利用したいとお考えの場合は、朝早い時間をオススメします。5月2日?6日(GW)の営業時間は、8:30?17:30となっており、通常よりも30分早く運転しています。早朝なので、弥山登山も暑くなく、ちょうど良いと思いますよ。

宮島ロープウェーの公式サイトを見る。

【その3】急患に関する注意

あいプラザ

旅先で、熱が出た時って困りますよね。宮島にもクリニックがありますが、連休中はお休みになります。そのため、お子様が発熱などされた場合に、診断してもらう病院を探すのはとても大変ですね。宮島付近で休日急患を対応されている病院もございますので、是非一度 確認をしてみて下さい。

その際はゴールデンウィーク中に風邪などで体調を崩された場合、対岸の廿日市にある「あいプラザ」という休日急患を対応されている病院もございます。4/29,5/3.4.5.6(朝9時?夜10)まで内科になりますが対応されています。

あいプラザまでのアクセス

問い合わせ先

◆廿日市市総合健康福祉センター(あいプラザ) 

◆電話:0829-20-0555 FAX:0829-20-1616

ブログまとめ

今日のブログは、ゴールデンウィーク前に是非注意しておいて欲しい点について書いてみました。ゴールデンウィーク中に宮島へお越しになられる方の参考になれば嬉しいです(^O^)では、また別のブログで!ともちんでした。

シェアしてくれたらぶち嬉しいけ!

書いている人

ホテル宮島別荘の若旦那
武内智弘(ともちん)

1981年広島県宮島生まれ宮島育ち。大学を卒業後、神楽門前湯治村で修行を積み、故郷宮島へ戻り、家業である宮島にある大正から続く100年宿『錦水館』の跡継ぎとして同旅館と、錦水館の経営する『ホテル宮島別荘』の代表を務める。宮島の魅力を伝えるため、宮島での思い出づくりをサポートすべく日々奔走中。