0829-44-1180(受付時間 09:00〜21:00)
ともちんの日記

個人の影響力が大切な理由

更新日 2015.05.13
目次

こんばんは、若旦那武内こと、宮島観光アドバイザーのともちんです。

1泊2日の勉強会から帰る新幹線の中でブログを更新しています。今回の勉強会では、影響力についてグループで話し合うワークがあり、改めて、個人の影響力がとても大切な事に気づきました。そこで、今日のブログは、「個人の影響力が大切な理由」って事について書いています。

勉強会風景?

影響力とは・・辞書で調べると

他に作用を及ぼし、影響を与える力。

ボクが思う影響力は、第三者の発信で、共感や感動を感じる事ではないかと思ってます。

なぜなら、親しい友人から「ここのお店良かったよ?」「この前、旅行に行った●●が良かった」「新しいスマホ、私使ってるけど、いいよ」などそういったクチコミで、その場所やお店に行ってみたくなる。そうなんです。影響を与える人って実は、身近にいるんです。

たとえば、実際にあったお話、ボクは、宮島観光についての記事を書いていて「穴子飯の美味しいお店」をブログで紹介して、そのブログを読んだお客様が、そのお店に食べに行ってくれたんです。その後、参考にしました!ってコメントをもらえた。それだけで嬉しいのですが、紹介したお店の人からも、ブログに取り上げてくれてありがとうって、後コメントをもらえたんです。そのブログはこちら。

これも影響力のひとつですよね。

この影響力について、勉強会でみんなと深く考えて見たんですが、そういった影響力を持っている人の共通する事って何なんだろう?影響力のある人って愛情がある人、SNSで情報を発信している人、友人や上司 信頼関係がある人、様々な意見が出ました。その中で感じた事は、

誰かのためを想って伝えている人は、すごく影響力があると思うんです。誰かのためっていうと、伝える人が明確だから、自分の事を言ってくれているんだって受け手は感じるし、その人の悩みや不安について解消してくれるような情報だったら尚更、親近感が生まれます。

もしもそういった発信をしていなかったら・・・

ブログで書いたような、クチコミを信頼して穴子飯を食べに行くことも無いし、共感や感動なんて、生まれないと思う。

だからこそ・・・

?自分から発信する。

?誰に対してのメッセージなのか明確にする。

?発信を続ける事。

が、影響力や関係性を生むために大切なんだって感じました。好きな事や趣味などを発信している人は、輝いて見えるし、好きと言う情熱が伝わりやすい。「あなたがオススメするから」「あなたが行っているから」それを第三者が感じる事は、あなたの影響力を周りの人が感じている証拠なんだなって思う。

勉強会風景?

ボクの場合は、宮島や宿に来られるお客様に、宮島をより楽しんで帰ってもらいたい!思い出を作ってもらいたい!情熱を持って伝え続ける事を、これからも継続していく事で、ワクワクできる体験をお客様へ伝えていきたいと、改めて感じました。

それでは、また別のブログで。ともちんでした。

 

シェアしてくれたらぶち嬉しいけ!

書いている人

ホテル宮島別荘の若旦那
武内智弘(ともちん)

1981年広島県宮島生まれ宮島育ち。大学を卒業後、神楽門前湯治村で修行を積み、故郷宮島へ戻り、家業である宮島にある大正から続く100年宿『錦水館』の跡継ぎとして同旅館と、錦水館の経営する『ホテル宮島別荘』の代表を務める。宮島の魅力を伝えるため、宮島での思い出づくりをサポートすべく日々奔走中。