0829-44-1180(受付時間 09:00〜21:00)
宮島お店情報

宮島の夜の過ごし方!おすすめのナイトスポットをご紹介。

更新日 2015.06.03
目次

まとめ宮島の夜の過ごし方

こんばんは、若旦那武内こと、宮島観光アドバイザーのともちんです。

今日のBlogは、「宮島の夜の過ごし方!おすすめのナイトスポットをご紹介。」という記事を書いています。道後温泉や湯布院といった温泉がある町は、夜はお土産屋さんが多く営業されていて、にぎやかなイメージがあると思いますが、宮島の場合は、夜がとても静かです。

日中は観光のお客様が多く、表参道商店街を歩いて、買い物やお食事を満喫されますが静かです。じゃあ、どういった楽しみ方があるのか?ここで宮島のナイトスポットを紹介したいと思います。静かな夜の宮島を是非、宿泊された時にお楽しみ下さいませ。

宮島に宿泊されるお客様は是非ご参考下さい。

宮島ナイトスポットをご紹介。

夕陽4

 

今の季節は、日没は、19時頃。眩しい太陽が対岸の山に沈んで徐々に夜になってきます。日没ごろは、観光客のお客様が厳島神社の近くの御笠の浜で、夕陽の撮影をされて、のんびり風景を眺めていらっしゃいます。水面に映る太陽の光がとても美しいです。

さて夜になり・・・

DSC02984

 

大鳥居もライトアップされて、夜空に朱色の鳥居が浮かびます。とても幻想的な風景が目の前に広がります。

DSC03010

 

日中見るよりも、朱色の大鳥居が鮮やかに映っています。陸から見る大鳥居も良いですが、海から見る大鳥居の夜景もオススメです。海から大鳥居と厳島神社を参拝できるナイトスポットが屋形船ナイトクルーズ

屋形船とは?

宮島桟橋から歩いて1分の場所の第三桟橋から、夜の厳島神社、大鳥居を海上から参拝できる屋形船が出ています。17:55?21:15までの間で6便程、運航しています。遊覧時間約30分程で、大人1600円(中学生以上)小人(5歳以上?小学生)。大鳥居の近くまでいく体験は、日常の宮島観光では中々できませんので、宿泊時にこういったナイトクルーズを体験すると、とても良い思い出になります。

ナイトクルーズの様子はこちら(アクアネット広島

遊覧時間

?17:55 ?18:35 ?19:15

?19:55 ?20:35 ?21:15

※夜間定期便コースのお問合せは
 TEL:0829-44-0888(受付時間9:00-21:00)まで

満席の場合もありますので、要予約。

夜に少し飲みたい!食べたい!そんな時はバンビーノへ

宮島は、夜空いているお店が少ない中、遅くまでお酒やフードを提供しているお店があります。宮島Cafe&Berバンビーノさんは、夜飲みたい!というお客様にはピッタリのお店。おすすめはバンビーノ特製のふわふわのオムライスやフィシュ&チップス、ピザ、新鮮野菜のサラダなどがオススメです。夜、もう少しお酒を飲みたい時は、バンビーノへ行ってみて下さい。バンビーノは、表参道商店街の世界一の大杓子の2階のお店になります。

バンビーノ2

バンビーノ

お店情報:宮島Cafe&Berバンビーノ

■営業時間 12:00?25:00(フードLO24:00)

■定休日  月曜不定休(要 電話確認)

■電話番号 0829?44?1415

■ホームページ http://miyajima-bambino.com/

■Facebook https://www.facebook.com/miyajimabambino

バンビーノまでの地図

ブログまとめ

宮島の夜に過ごし方として、観光とお店情報を織り交ぜてご案内致しました。幻想的な夜のライトアップを見て、屋形船を満喫。お酒を飲んで楽しい時間を過ごす。宮島へ宿泊された際は、是非夜の観光もお楽しみ下さいませ。それでは、また別のブログで!ともちんでした。

 

アドバイザーは宮島にいるバナー

シェアしてくれたらぶち嬉しいけ!

書いている人

ホテル宮島別荘の若旦那
武内智弘(ともちん)

1981年広島県宮島生まれ宮島育ち。大学を卒業後、神楽門前湯治村で修行を積み、故郷宮島へ戻り、家業である宮島にある大正から続く100年宿『錦水館』の跡継ぎとして同旅館と、錦水館の経営する『ホテル宮島別荘』の代表を務める。宮島の魅力を伝えるため、宮島での思い出づくりをサポートすべく日々奔走中。