0829-44-1180(受付時間 09:00〜21:00)
ともちんの日記

SNSの写真から広がるお客様とのコミュニケーションの輪

更新日 2015.07.18
目次

宮島観光アドバイザー

こんばんは、若旦那武内です。

台風がすぎて、今回は進路が直撃かと思い心配していましたが、風は強く、午後からフェリーが欠航になったくらいで何事もなく通り過ぎて良かった。泊まりこみで、台風対策のために協力してくれたスタッフに本当に感謝しています。

さて、今回のBlogは、SNSの話を書いています。

宮島は、観光地という事もあり、年間400万人の方が訪れます。でも400万人の内、宿泊されるお客様は、実は36万人程なんです。宮島に来られる方の約10%のお客様しか宿泊されていないという事です。

宮島に来られる方の観光時間も、平均3時間から5時間と言われています。宮島は厳島神社や大鳥居、弥山などの他にも、観光に訪れると感動する場所は実はあるんですが、あまり知られていないのも現実です。

そのためにボクが少しでもできる事は・・・

もっと宮島を知ってもらうために

昔は、旅館の販売促進に、色々な勉強会に参加してきましたが、今は、宿の事もそうですが、より宮島という素晴らしい島を知ってもらいたい!と思い、今現在、SNSやBlogなどを活用して、お客様へ情報を届ける事をしています。

最初は全く見てくれる方もいなくて、心が折れそうになりました(笑)が、継続していく内に、徐々にお客様と接点ができてきました。

宮島の風景でお客様と繋がれた・・・

最近は、宮島の風景を継続していくコトで、少しづつですが、フォロワーの方からコメントを頂けたり、一度宮島へ行かれた方とコメントのやりとりもできるようになりました。

そんなやりとりをしていると・・

「宮島に、こんな場所があるんですね!」「夏の宮島に行ってみたくなりました。」など色々なお声を頂けました。

だんだん、お客様とのやりとりが楽しくなり、写真を撮るのも楽しくなってきた!

今は色々とお客様と繋がるツール(メール、お手紙、DM、メルマガなど)がありますが、SNSで発信する写真もお客様と繋がる事ができるコミュニケーションのひとつだと改めて実感しました。

 

だから継続して発信を続ける。

はじめて宮島を訪れる方や、何回も宮島へお越しの方へ、地元のボクでしか発信できない宮島の情報や宮島の風景をお伝えして、「また、来たい!」という気持ちになってもらえるように頑張っていこう。

と、最近”Instagram”や”Google+”、リアルなお客様とコメントのやりとりをして思った事です。

写真集?

ブログまとめ

宮島の写真を撮り続けて、まだまだ日は浅いですが、改めて宮島を歩いているとボク自体が宮島をどんどん好きになっていきました。ボクが生まれ育った島「宮島」をもっとお客様に知ってもらって、大切な人とのご旅行が楽しい思い出になればいいなって思います。

まだまだ宮島の事を知って、発信を続けていこう♪

それでは、また!ともちんでした。

PS.

おかげ様で今年の春から宮島の風景を撮り続けて、春と夏の2冊「miyajima photo」を作る事ができました。また秋も宮島の四季を撮りたいな♪

写真集?

写真集?

宮島の観光に役立つツール

まとめ

宮島 錦水館

宮島 錦水別荘

シェアしてくれたらぶち嬉しいけ!

書いている人

ホテル宮島別荘の若旦那
武内智弘(ともちん)

1981年広島県宮島生まれ宮島育ち。大学を卒業後、神楽門前湯治村で修行を積み、故郷宮島へ戻り、家業である宮島にある大正から続く100年宿『錦水館』の跡継ぎとして同旅館と、錦水館の経営する『ホテル宮島別荘』の代表を務める。宮島の魅力を伝えるため、宮島での思い出づくりをサポートすべく日々奔走中。