宮島の季節や風景

宮島 神秘のパワースポット「弥山登山」をご案内【続編】

更新日 2015.08.31
目次

宮島 弥山

若旦那武内こと、宮島観光アドバイザーのともちんです。

この前のブログに引き続き、ブログで弥山登山の魅力を紹介致します。今回の後編で残りの案内を致します。少しでもアウトドア派、スピリチュアルな体験を満喫したい方のお役に立てればと思います。

前回のブログはこちら>>

前回は御山神社までの案内で、弥山の頂上までは、あとわずかの所まででした。

さあ、再度出発です!!

弥山43jpg

整備されているとはいえ、石階段は足に応えますね。でも頂上の素晴らしい風景を見るために頑張ろう・・・

少し進むと水掛地蔵堂が見えてきました!

弥山42jpg

ここまでくれば、弥山の頂上まで後わずか・・・

弥山41jpg

沢山のお地蔵様へ、登山の無事を祈願して登ります。

やっと弥山本堂へ到着!

弥山86

 

青空が美しいのと、弥山本堂のまわりは、外国のお客様がほとんどだった。やっぱり海外の方もこういった自然を満喫できるスポットが好きなんですね。

弥山87

まだまだ、道を進んでいきます!

弥山28

やっと頂上付近にあるくぐり岩に到着です。ここを抜けて登ると頂上まで後、わずか!!

弥山頂上へ・・・

弥山26jpg

頂上へ続く石階段を登っていくと、遠くに海が見える!!本当によく歩いた・・・

弥山24jpg

弥山22jpg

まるで空を歩いているような感じになる・・・頂上まで後少し!!

弥山16

弥山20jpg

ついに弥山頂上へ到着・・・頂上にも沢山の大岩があります。

弥山頂上の展望台

弥山90弥山の頂上には、展望台があって、デッキからは瀬戸内海や宮島の全体を見渡せます。さっそく行ってきます。

弥山88

2階部分のデッキは屋根があり広々したスペースがあります。登山されたお客様は、ここで座って水分補給をしたり、寝そべって休憩したりリラックスできます。

さあ?よいよい展望台の一番上へ!!

目の前に広がる瀬戸内海や四国の風景

弥山8

弥山11

晴れた日は、遠く四国まで見えます。こうみると瀬戸内海には大小様々な島があることにビックリします。こんな眺めを見ると、疲れも自然と吹っ飛びます。

ともちんなんだか、達成感を感じれます!登山して本当に良かった。

ブログまとめ

2回に分けて、弥山登山の観光について紹介致しました。実はまだまだ、弥山には不思議なスポットが沢山あって「消えずの火」や「錫杖の梅」、「干満岩」など紹介しきれなかった場所がまだまだあります。1日では少し、しんどいので2日間宮島へ滞在して、のんびり観光をするのもオススメの過ごし方です。

あっ!弥山に登山する時のアドバイスとして、クツは運動靴、着替えのシャツとタオル、水分補給用に水などPETボトルを必ず持っていく事をオススメします。

それでは、また別のブログで!ともちんでした。

 

まとめ

宮島町屋通り通信バナー

シェアしてくれたらぶち嬉しいけ!

書いている人

ホテル宮島別荘の若旦那
武内智弘(ともちん)

1981年広島県宮島生まれ宮島育ち。大学を卒業後、神楽門前湯治村で修行を積み、故郷宮島へ戻り、家業である宮島にある大正から続く100年宿『錦水館』の跡継ぎとして同旅館と、錦水館の経営する『ホテル宮島別荘』の代表を務める。宮島の魅力を伝えるため、宮島での思い出づくりをサポートすべく日々奔走中。