0829-44-1180(受付時間 09:00〜21:00)
宮島お店情報

宮島名物ふわふわホクホクの穴子飯は錦水館オリジナル!

更新日 2014.03.02
目次

 

こんにちは!

宮島観光アドバイザーのともちんです。

 

最近は、観光ネタが多かったので、ここら辺で、

おすすめのランチスポットをご紹介致します。

宮島といえば、皆さんは何を想像しますか?

 

よくお客様に質問すると、もみじまんじゅう!しゃもじ!!牡蠣!!!

とお声を頂きますが、穴子(あなご)も大変オススメです♪

 

宮島には沢山の穴子飯のお店がございますが、最初にまずはこのお店をご案内。

宮島の老舗旅館「錦水館」の中にございます、お食事処「豆たぬき」の穴子飯。

 

宮島名物 穴子陶箱飯

 

錦水館の穴子飯は、他のお店と違い、穴子を高温のスチームで

蒸し焼きにして、ふっくら柔らかい穴子の上にタレを

しっかり塗って、仕上げにバーナーで軽くあぶります。

 

美味しい穴子飯は、お米にもこだわってます。

 

広島県北部の安芸高田市 美土里町の桑田の庄の「桑田米」を使用しており、

タレを混ぜん込んだ御飯は、穴子との相性が抜群です。

 

安芸高田市 桑田米

 

是非、宮島でお昼のランチを日帰りで満喫したい時は、お越し下さいませ。

 

< お 店 情 報 >

お食事処 豆たぬき

■ 住 所 広島県廿日市市宮島町1133番地(錦水館内)

■ 時 間 11:00?15:00迄(14:30ラストオーダー)

■問合せ 0829?44?2131

食べログみてね!

http://tabelog.com/hiroshima/A3402/A340202/34011633/dtlrvwlst/3700858/

 

シェアしてくれたらぶち嬉しいけ!

書いている人

ホテル宮島別荘の若旦那
武内智弘(ともちん)

1981年広島県宮島生まれ宮島育ち。大学を卒業後、神楽門前湯治村で修行を積み、故郷宮島へ戻り、家業である宮島にある大正から続く100年宿『錦水館』の跡継ぎとして同旅館と、錦水館の経営する『ホテル宮島別荘』の代表を務める。宮島の魅力を伝えるため、宮島での思い出づくりをサポートすべく日々奔走中。