0829-44-1180(受付時間 09:00〜21:00)
宮島お店情報

男性にもおすすめ!ふわふわの穴子飯が美味しい梅山を紹介。

更新日 2016.01.07
目次

こんばんは、錦水館の若旦那武内こと、宮島観光アドバイザーのともちんです。

今日のBlogは、男性にもおすすめ!ふわふわの穴子飯が美味しいお店を紹介しています。久しぶりのランチ情報をお届けします。穴子飯ランキングでも、紹介している梅山の穴子飯は、男性にもオススメしたい程、ボリュームも満点です。

梅山の穴子飯1,600円(税込)

梅山1

梅山の穴子飯は、何といってもボリュームが満点!男の子でもオススメしたい内容です。香ばしく、柔らかい穴子は食べ応えが抜群です。穴子とご飯にはしっかりタレが塗られており、少し濃いめの味付けです。モチモチ加減のご飯も良い感じです。

梅山3

ボリューム満点の穴子飯は、食べ応えがあります。

梅山さんは、宮島桟橋から徒歩約5分程の表参道商店街に入ったすぐの通りにあります。穴子飯の他にも”カレーライス”や”うどん”などもありますので、ご家族連れにもオススメです。座敷もあるので便利です。

梅山2

お店の内装は、こんな感じです。座敷やテーブル席もあります。

Blogまとめ

宮島の穴子飯は、ほとんどの飲食店がメニュー入れています。お店それぞれに特色があるので好みはありますが、僕の好きな穴子飯屋のひとつが「梅山」です。もし、あなたが宮島での穴子飯をお探しの場合は、選択肢の参考になれば嬉しいです。

では、また別のBlogで!ともちんでした。

<お店情報 梅山>

http://umeyama-miyajima.com/business.html

住所:広島県廿日市市宮島町844-1

TEL:0829-44-0313

営業時間10:00?17:00

 

ともちんグラム

RETRIP

町屋通り通信

シェアしてくれたらぶち嬉しいけ!

書いている人

ホテル宮島別荘の若旦那
武内智弘(ともちん)

1981年広島県宮島生まれ宮島育ち。大学を卒業後、神楽門前湯治村で修行を積み、故郷宮島へ戻り、家業である宮島にある大正から続く100年宿『錦水館』の跡継ぎとして同旅館と、錦水館の経営する『ホテル宮島別荘』の代表を務める。宮島の魅力を伝えるため、宮島での思い出づくりをサポートすべく日々奔走中。