ともちんの日記

宮島フォトコンテストが開催中です!沢山の投稿ありがとうございます。

更新日 2016.01.11
目次

錦水館の若旦那 武内こと、宮島観光アドバイザーのともちんです。

今日のBlogは、現在開催中の宮島フォトコンテストについて書いています。

1月10日からスタートして2月29日の期間まで、お客様が撮影された宮島の風景を投稿してもらう錦水館主催のコンテストが開催されています。

もともと、スタッフが考えた企画がどんどん進んでいって、自分たち以外にも、お客様を巻き込んでできる事はないかな??って事から、コンテストなどを開いたら、面白いんじゃないって考えた事がカタチになりました。

開始して、企画したスタッフとBlogやFacebook、Instagramなどで告知をして行きました。

Instagramはユーザー数が全世界で約4憶人が登録している人気のSNS。#(ハッシュタグ)を付けて、宮島を検索すると、なんと13万7千人の人が投稿してます。半年前は、まだ8万人だったのに、すごいスピードでタグ付けされている。

宮島の写真を見ると、様々な角度から大鳥居を撮影されたり、ご家族で楽しそうに鹿さんと撮影した写真があがってたり、投稿している人は、とても楽しそう。

旅は思い出。

旅行は年に何回もいけないし、一緒に過ごす人と楽しい思い出を作りに旅行に来ているんだって、僕は思っています。いつも見ている宮島の風景。でも色々な人の投稿を見ると、視点や撮影の仕方、色々な工夫がされていてワクワクします。

まるで自分が宮島観光を楽しんでる感じ。

そういった投稿の輪がもっと、広がって宮島にお客様が沢山来てくれたら嬉しいなって思います。今現在投稿数は、200前後。フォトコンの事をスタッフの投稿から知って、参加してくれた方も沢山いました。嬉しいね。

宮島フォトコンテスト公式ハッシュタグは、#宮島フォトコン #kinsui01

 

宮島フォトコン

kinsui01

お客様のように、新鮮な気持ちで宮島を見ると、やっぱり島が好きだなって思う。見てくれる人がワクワク、楽しくなるような風景も僕も発信していこう。

?宮島フォトコンテストの内容はこちら(^-^)

錦水館は休館ですが、やる事は沢山、気張らず頑張ろう!では、また。

 

ともちんグラム

RETRIP

町屋通り通信

シェアしてくれたらぶち嬉しいけ!

書いている人

ホテル宮島別荘の若旦那
武内智弘(ともちん)

1981年広島県宮島生まれ宮島育ち。大学を卒業後、神楽門前湯治村で修行を積み、故郷宮島へ戻り、家業である宮島にある大正から続く100年宿『錦水館』の跡継ぎとして同旅館と、錦水館の経営する『ホテル宮島別荘』の代表を務める。宮島の魅力を伝えるため、宮島での思い出づくりをサポートすべく日々奔走中。