0829-44-1180(受付時間 09:00〜21:00)
宮島の季節や風景

ちょっと早いけど、宮島で知っておきたい!お花見スポット(パート2)

更新日 2016.02.17
目次

宮島の温泉旅館「錦水館」の若旦那武内こと、宮島観光アドバイザーのともちんです。

前回に引き続き、ちょっと早いけど、宮島で知っていきたい!お花見スポットを紹介しています。宮島島内には、約1900本の桜の木々があり、その中でも春の観光に訪れたい、桜が綺麗なスポットが沢山あります。前回は3カ所紹介しましたが、今回のブログでも3カ所紹介致します。春に観光に訪れる方の参考になれば嬉しいです。

それでは、ブログスタートです。

ちょっと早いけど、宮島で知っていきたい!お花見スポット(パート2)

多宝塔(二重塔)の桜

多宝塔5

多宝塔2

宮島の嚴島神社の出口から徒歩3分ほど、ここは、宮島の遊歩道でお散歩コースにもオススメですが、春は桜の花びらが咲いて、とても美しいです。近くにはベンチもあり、お花見をされる方が多い人気スポットです。多宝塔は、僧周歓が大永3年(1523)に建立したといわれています。

紅葉谷公園近くの藤の棚の桜

秋は、もみじの紅葉が美しい”紅葉谷公園”ですが、少し足をのばすと、桜の名所が見えてきます。藤の棚には茶屋もあり、ランチをしながらお花見をするのも良いです。僕がオススメの山村茶屋があります。

藤の棚4

藤の棚3

自然を感じる大元公園の桜

宮島の水族館「みやじマリン」からさらに奥へ進むと、入口に大元神社のある静かな大元公園があります。海岸線の近くにはモミの大木があり、世界でも珍しい場所です。モミの木以外に古くから桜の名所として有名で、嚴島八景のひとつとして知られています。散歩すると清々しい気持ちになるのも、自然が多いからでしょうか。

大元公園1

大元公園2

いかがでしたでしょうか?

春の宮島へ行ってみたくなりませんか(^-^)

宮島の桜は毎年3月下旬ごろから4月初旬が期間になります。わずかな時間ですが、島内が桜の花びらで綺麗になります。是非、春に宮島へお越しの際は、嚴島神社の参拝と合わせて散策下さい。それでは、ともちんでした。

 

宮島の桜の様子が分かる動画↓↓↓YouTube動画をご覧下さい。

 

ともちんグラム

RETRIP

町屋通り通信

シェアしてくれたらぶち嬉しいけ!

書いている人

ホテル宮島別荘の若旦那
武内智弘(ともちん)

1981年広島県宮島生まれ宮島育ち。大学を卒業後、神楽門前湯治村で修行を積み、故郷宮島へ戻り、家業である宮島にある大正から続く100年宿『錦水館』の跡継ぎとして同旅館と、錦水館の経営する『ホテル宮島別荘』の代表を務める。宮島の魅力を伝えるため、宮島での思い出づくりをサポートすべく日々奔走中。