0829-44-1180(受付時間 09:00〜21:00)
ともちんの日記

相手に興味を持つことは、とても大事な事。

更新日 2016.04.21
目次

こんばんは、宮島の温泉旅館 錦水館の若旦那 武内です。

写真 2016-04-21 10 48 23

相手に興味を持つことは、とても大事な事だとボクは思います。

今日は、新入社員が各部署をまわる研修が終わってからの最後の勉強会でした。勉強会のテーマは、個人の魅力を高めるワークを行いました。以前に、エクスマの勉強合宿で、「自己紹介」と「他者紹介」を行った経験をもとに、会社でもワークを取り入れるようにしています。

ワークが終わった後のスタッフの感想ですが、

「相手の事を深く知れたし、親近感がより湧いた・・・」

「今までよりも、よく相手の事を知れて良かった・・・」

「仲間の知らない魅力に気づけた・・・」

など

たくさんのコメントをもらえてよかった。

相手を知るには、まず自分が相手に興味を持たないといけません。

”無関心”では、良い仕事もできないし、そこに”コミュニケーション”や”おもいやり”も生まれないと思う。一歩踏み込んで相手の事を知ると、気づかなかった、その人ならではの個性や考え方を知る事ができて、関係が深くなったと実感します。

自己紹介の場合は、自分をさらけ出す。もちろん、過去に話せない事や嫌な思い出があったら、話さなくていいし、アピールしなくてもいい。名前や趣味、好きな事、親から受けた影響、将来の夢など、色々話を聞くと、その人の価値観が伝わってくる。

写真 2016-04-21 17 18 33

写真 2016-04-21 17 07 05

また、他社紹介は、聞き出す力や、表現する力、人に関心を持つ訓練になると思います。自己紹介だと自分を過小評価したりするけど、第三者が自分を紹介してくれた時に聞くと、得意な事や、好きな事が見えてきて、違った自分の価値に気づく事ができると思うんです。

だからこそ、伝える力や聞く力を養う。自分意外に興味を持つ事がとても大事だなって、研修をしていて気づきました。

何より、参加した新入社員のスタッフのみんなが、より仲良くなったのが嬉しくなった。また機会があったら、ワークをやりたいな。

今日もお疲れ様でした!スタッフに感謝です。

シェアしてくれたらぶち嬉しいけ!

書いている人

ホテル宮島別荘の若旦那
武内智弘(ともちん)

1981年広島県宮島生まれ宮島育ち。大学を卒業後、神楽門前湯治村で修行を積み、故郷宮島へ戻り、家業である宮島にある大正から続く100年宿『錦水館』の跡継ぎとして同旅館と、錦水館の経営する『ホテル宮島別荘』の代表を務める。宮島の魅力を伝えるため、宮島での思い出づくりをサポートすべく日々奔走中。