0829-44-1180(受付時間 09:00〜21:00)
ビジネス&マーケティング

ビジネスの気づき「つながり」が大事な世の中になったと思うこと。

更新日 2016.05.16
目次

おはようございます!錦水館の若旦那武内こと、宮島観光アドバイザーのともちんです。

今日の宮島は、昨日に続き雨模様・・・でも雨の宮島も人が少なくて落ち着いた雰囲気で好きです。最近思うことですが、人との繋がりはすごく大事だなって感じています。自分から率先して、外に出るようになると、自然と自分を成長させてくれる仲間や先輩に出会えたり、「引き寄せの法則」ではないですが、内ばかりを意識するだけでなく、外に目を向けると、意識が高い人たちの中にいて、少しづつですが、視野が広がる自分がいます。

「つながり」というキーワードの通り・・・

仲間とは、SNS上で繋がっていて、毎日知り合いと会っているような感じだし、イベントにも呼んで頂けたり、こちらが発信するから自然と何かある時に声がかかったり、仕事でも宿にお泊り頂いたお客様と繋がったり、今まで手紙やメールを送る時間がSNSに置き換えられている。またTVを見るよりもスマホをいじってる時間が多くなったと自分でも思います。

誰とでも、すぐにコンタクトがとれて、友達や関心事の中でコミュニティーが出来ている。

だからまずは、自分が情報を発信し、続ける事が大事だなって思います。辞めてしまえば、極端にいうと存在がなくなる感じ・・・「そういえば、最近〇〇見た。」「〇〇って誰だっけ・・・」ってなってくる。

自分の好きな事、関心がある事、日常の事、仕事の事など、自分がどんな人なのか、どんなことに興味があるのか、少しでも伝えていくことで、人と人がつながっていくと思います。

宮島という中で、宮島に行った人や宿に泊まられたお客様とは、”宮 島”というキーワードの中で繋がるし、個人は”武内 智弘”という人で友達と繋がる。面白い時代にいるなって、思います。

今日も一日頑張ろう。

シェアしてくれたらぶち嬉しいけ!

書いている人

ホテル宮島別荘の若旦那
武内智弘(ともちん)

1981年広島県宮島生まれ宮島育ち。大学を卒業後、神楽門前湯治村で修行を積み、故郷宮島へ戻り、家業である宮島にある大正から続く100年宿『錦水館』の跡継ぎとして同旅館と、錦水館の経営する『ホテル宮島別荘』の代表を務める。宮島の魅力を伝えるため、宮島での思い出づくりをサポートすべく日々奔走中。