0829-44-1180(受付時間 09:00〜21:00)
ビジネス&マーケティング

奥ノ谷塾 第3回 奄美合宿[前編] 風土の上で人が育ち企業が成長する。

更新日 2016.09.22
目次

広島県にある宮島の温泉旅館「錦水館」の若旦那 武内です。

今日のブログは、奥ノ谷塾第3回奄美合宿についてブログで紹介しています。

”風土の上で人が育ち、企業が成長する。”

株式会社FUBIC 黒川社長の話を聞いていて、頭の中で僕は思いました。黒川社長は100億企業の創業者。リラクセージョン施設や全国でも展開しているDr.ストレッチ、建築、自動車関連、ホテル経営、WEB事業、そして農業まで、多角経営を行っている社長様です。

株式会社FUBIC 黒川社長

黒川社長は、高校時代に自分の置かれている状態を見た時に、このドン底から這い上がるためには、起業するしかないと決めたそうです。今の自分は、死んでも後悔しないのか?自分に問いかけた時に、いやまだ何も出来ていない・・・明日死んでも後悔しないような生き方をしようと思われたそうです。本当にエネルギッシュな社長様です。

黒川社長の話に、みんな笑顔。
青空の下、黒川社長の話は続きます。

”ルールで話すと、ルールで人は返してくる。人として大切な事をやりなさい。”

社員が困っていれば、立場を超えて、サポートする、親身になって寄り添う・・・人として大切な事を伝え続けていって今の社内風土ができてきた。本当に、黒川社長の言葉から、人を思いやる気持ちや優しさが伝わってきました。

真剣に話を聞く奥ノ谷塾のメンバー

社長だからこそ、物の考え方、会社の基盤になる事は、社長自らの口でスタッフに伝える。社長の考えを伝え続ける事で、毎回、スタッフも気づきがある。どれだけスタッフに興味を持つか?経営者によって違うと思うけど、僕は、自分の会社で働くスタッフと会社の考えや物事を共有していきたいと思う・・・と言っておられました。

僕は、家業の旅館の跡取りとしての立場で考えていましたが、創業者の熱い思いを知り、今後自分も経営者として、スタッフと向き合い、同じ目的に向かっていけるように頑張らないとって、たくさんの気づかせて頂きました。

何より、お世話になった黒川社長が運営されてTHE SCENEのスタッフの明るさや接客応対を見ると、温かさが伝わってきました。素晴らしいスタッフの皆さんでした。

%e8%aa%95%e7%94%9f%e6%97%a5%e3%82%b1%e3%83%bc%e3%82%adその日の夜、9月の誕生日がいる事を知ったスタッフさんがサプライズでケーキを作ってくれました!本当にありがとう。

<後編に続く>

HOTEL THE SCENE 画像をクリックするとサイトに飛びます。the-scene

シェアしてくれたらぶち嬉しいけ!

書いている人

ホテル宮島別荘の若旦那
武内智弘(ともちん)

1981年広島県宮島生まれ宮島育ち。大学を卒業後、神楽門前湯治村で修行を積み、故郷宮島へ戻り、家業である宮島にある大正から続く100年宿『錦水館』の跡継ぎとして同旅館と、錦水館の経営する『ホテル宮島別荘』の代表を務める。宮島の魅力を伝えるため、宮島での思い出づくりをサポートすべく日々奔走中。