0829-44-1180(受付時間 09:00〜21:00)
ビジネス&マーケティング

写真を好きになってからSNSの発信が楽しくなった。

更新日 2016.10.16
目次

こんばんは、宮島の温泉旅館「錦水館」の若旦那 武内こと、宮島観光アドバイザーのともちんです。

今日は休日ということもあり、雨でしたが宮島には沢山のお客様がお越しになられました。有難いことです。夜は肌寒くなってきましたね。秋の紅葉のシーズンも、もうすぐです。

%e3%81%bb%e3%81%971
宮島の星空に吸い込まれそう。

さて、今日のブログは「写真を好きになってからSNSの発信が楽しくなった。」というテーマで書いています。僕が写真にハマりだしたのは、宮島の写真を撮影して、Google+Instagramでほぼ、毎日発信をしていて、だんだん見てくれる人が増えて、写真がきっかけで宮島を好きな人たちと繋がって、その人たちとのやりとりが楽しいと感じたからです。最初は、iPhoneで撮影してたけど、だんだん欲が出てきて、一眼レフやコンパクトデジカメを購入しました。撮影してみると、カメラの性能が良すぎて、素人が撮っても「わぁ〜綺麗!」と思うような写真が撮れるようになった。技術の進歩って、本当にすごい。

今度は、どんな風景を撮ろうか?

どんどん、うまくなろうと欲が出てきます。

%e3%81%bb%e3%81%972
晴れた雲がない時は、満天の星空が広がります。

でも好きなことを続けていくと、だんだと撮影するスキルも上がるし、自分の昔撮った写真と比較すると”差”にびっくりします。継続することは、とても大事な事だし、ひとつの事をとことん磨いていくと、ワクワクする。まだまだ、写真??旅館の仕事には結びついてないけど、自分が発信するSNSの投稿で、宮島に来たい!と思って頂けたり、写真をみて会いに来てくれたり。小さい変化だけど、嬉しいなって思います。

宮島の写真で参加者同士で繋がる宮島フォトコンテスト宮島ぐらむといったコミュニティーを今後も、宮島に来られる人たちと繋がって盛り上がって行けたらと考えています。

それでは、また!ともちんでした。

 


第3回宮島フォトコンテスト開催のお知らせ

第3回宮島フォトコン開催ハ?ナー

宮島の風景をみんなで発見!発信 miyajima_gram

宮島く?らむ2

シェアしてくれたらぶち嬉しいけ!

書いている人

ホテル宮島別荘の若旦那
武内智弘(ともちん)

1981年広島県宮島生まれ宮島育ち。大学を卒業後、神楽門前湯治村で修行を積み、故郷宮島へ戻り、家業である宮島にある大正から続く100年宿『錦水館』の跡継ぎとして同旅館と、錦水館の経営する『ホテル宮島別荘』の代表を務める。宮島の魅力を伝えるため、宮島での思い出づくりをサポートすべく日々奔走中。