0829-44-1180(受付時間 09:00〜21:00)
宮島お店情報

宮島に新しくオープンした!「島旨PAN」を紹介。若旦那おすすめパン・セレクション。

更新日 2017.12.18
目次

どうも!ホテル宮島別荘の若旦那 武内です。

宮島は冬モードに入って、寒い日が続いております。宮島にお越しの際は、風邪を引かないように防寒着をしっかりしてお越し下さい。さて、今日のブログは、宮島に新しくオープンした「島旨PAN」を紹介します。

そうなんです!今年の9月1日に、グランドオープンした錦水館の姉妹館「ホテル宮島別荘」の館内にあるお店が「島旨PAN」です。中々告知をするのを忘れていまして、今かよ!と思われる方も多いと思いますが、毎日手作りでパンを作るスタッフが島旨PANを盛り上げようと頑張っていますので、紹介します(^O^)

パンが大好きな方は、是非お立ち寄りください♫

■島旨PANはどこにあるの?

島旨PANは、宮島の玄関口「宮島フェリー乗り場」をおりて、左手徒歩1分の場所にあります。嚴島神社とは逆方向にございます。5階建ての建物が桟橋から見えますので、そこがホテル宮島別荘になります。ホテル宮島別荘内1階にパン屋はあります。

詳しくは、案内動画を参考ください♫

島旨PAN 宮島のパン屋さん🍞 広島のトラックドライバーさんに教えてもらったパン屋さん😊 早速よってみました🚶 左:ネギ味噌タルティーヌ 右:藻塩パン . . #島旨PAN #島旨パン #藻塩パン #ネギ味噌タルティーヌ #宮島 #広島 #お写んぽ #miyajima #hiroshima #japan #ig_hiroshima #ig_japan

A post shared by bibinko (@kenken5151) on

このシマウマの顔出しパネルが目印です♫撮影だけでもOKですので、宮島観光の思い出にどうぞ(^O^)

■島旨PANの名前の由来は・・・

「島で旨いパンを食べていただきたい・・・」というオーナーの想いを込めて付けられました。ダジャレも入っていますが(笑)宮島では初のホテル内ベーカリーとして、観光のお客様や島民の皆さまに可愛がっていただいてます。毎日スタッフが手作りで美味しいパンを作っています。

■若旦那がオススメする一押しパンを紹介。

ここでは、僕が是非、島旨PANでおすすめしたいパンを紹介しています♫是非、パン選びの参考になれば嬉しいです。

🦓ベスト5

島旨PANで島内のお客様に人気の「生食パン」その名の通り、焼かずに食べても、しっとりモチモチの食感でとても美味しいです。1日目は生食で、2日目の朝はトーストにして食べてもOK♫(1斤500円)

🦓ベスト4

続いて、広島の藻塩を使った島旨PAN自慢の「藻塩パン」。外はカリッと、中はモチモチの食感。おやつ感覚で食べられる人気のパンです。(1個120円)

🦓ベスト3

広島といえば、やっぱりお好み焼き!香ばしいソースの香りとカツオと青のりがたまらない!中には、そばも入っており、ボリュームも満点。がっつり食べたい方におすすめです。(1個180円)

🦓ベスト2

広島と言えばレモンの産地。瀬戸内レモンのピールが入った京都都製餡の白あんとクリームチーズの新しい出会い。とっても爽やかなあんぱんです。女性のお客様に人気のオリジナルのあんぱん。(1個230円)

🦓ベスト1

宮島に新しい名物を!という想いを込めて作った「宮島ブルーベリーブレット」。バター風味の強いリッチな菓子生地をベースに、甘酸っぱいブルーベリージャムとコクのあるクリームチーズをあわせてたっぷりと巻き込んだデザートパンです。お土産人気NO.1。(1個900円)*パンは全て税込料金です。

いかがでしたでしょうか?

島で旨いパンを食べていただきたい!という想いを持って、スタッフが頑張っています!是非、応援よろしくお願い致します^^

■島旨PAN店舗 情報

広島県廿日市市宮島町1165(ホテル宮島別荘内1F)

電話番号 0829-70-9002

営業時間 9:00〜17:00

HP>>http://miyajima-villa.jp/facilities/shimaumapan

公式SNS フォローよろしくお願いします♫ #島旨PAN でタグ付けしてね♫

Twitter>>https://twitter.com/Shimauma_Bakery

Instagram>>https://www.instagram.com/shimauma_bakery/

シェアしてくれたらぶち嬉しいけ!

書いている人

ホテル宮島別荘の若旦那
武内智弘(ともちん)

1981年広島県宮島生まれ宮島育ち。大学を卒業後、神楽門前湯治村で修行を積み、故郷宮島へ戻り、家業である宮島にある大正から続く100年宿『錦水館』の跡継ぎとして同旅館と、錦水館の経営する『ホテル宮島別荘』の代表を務める。宮島の魅力を伝えるため、宮島での思い出づくりをサポートすべく日々奔走中。