宮島お店情報

ホテル宮島別荘の魅力紹介その1.ゲストラウンジ「こもLe美」の魅力。

どうも!ホテル宮島別荘 若旦那 武内です!

今日のブログは、ホテル宮島別荘の魅力紹介その1として、ホテル内にあるゲストラウンジ「こもLe美」について書いています。H29.9.1にグランドオープンしてから、お客様アンケートでも「ラウンジが居心地よかった!」「のんびり本を読んで過ごしました」「コーヒーや飲み物がサービスなのが嬉しい!」などお声を頂いております。

宮島に新しくオープンしました!ホテル宮島別荘ってどんなホテルなの?というお客様からのお問合せにお答えした内容になっていますので、是非、宮島別荘を知って頂けるキッカケになれば嬉しいです。

それでは、ご覧下さい!

✒︎ホテル宮島別荘 ゲストラウンジ「こもLe美」


ゲストラウンジ「こもLe美」の入り口には、様々なアートや写真に関する本がございます。宮島にちなんだ本もございます。本を置いたのは、ラウンジでゲストにのんびり読書を楽しんでもらいたい。という想いから楽しめる本をセレクトしました。

✒︎ラウンジ「こもLe美」の様々な家具


ラウンジには沢山のお洒落な家具があります。オーナーが実際に座って、良いなと思った家具をセットしています。ソファや椅子は居心地がよく、のんびり過ごせます。壁には、お洒落なオブジェなどもあり、インスタ映えするスポットも沢山ありますよ♫夜はライトの調光を調整でき、雰囲気がより良くなります♫

✒︎こもLe美には、僕が写真提供した素敵な本もあります。


■まとめ


アートな雰囲気のお洒落なラウンジ「こもLe美」で、のんびりした時間をお過ごし下さい。ここのラウンジは、お泊まりの方の専用のラウンジとなりますので、外来のお客様はご利用頂けません。お飲み物は、オレンジジュースや紅茶、コーヒーなど各種揃えています。

ホテル宮島別荘のコンセプトは、「大人のための宮島の我が家」。お泊まりのお客様が我が家のようにのんびり寛いでもらいたい・・・という想いをカタチにした場所が「こもLe美」です。

是非ホテルにお越しの際は、お楽しみ下さい(^O^)それでは、また別のブログで!若旦那でした。

■ホテル宮島別荘の情報

ホテル宮島別荘 HOTEL MIYAJIMA-VILLA

〒739-0505 広島県廿日市市宮島町1165

☎︎0829-44-1180

<公式HP>https://miyajima-villa.jp/

<Facebook>https://www.facebook.com/miyajimavilla1180/

<Twitter>https://twitter.com/miyajima_villa

<Instagram>https://www.instagram.com/_miyajima_villa/

ハッシュタグは、 #宮島別荘 でタグつけしてね!!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

  1. 第5回宮島フォトコン入賞作品&グランプリを発表!

関連記事

  1. 宮島観光情報

    夜の食事にオススメ!またまた、お邪魔した宮島の鮨「天扇」を紹介。

    こんばんは、若旦那 武内です!今日のブログは、よく夜に食べにい…

  2. 宮島観光情報

    宮島の夜の過ごし方!おすすめのナイトスポットをご紹介。

    こんばんは、若旦那武内こと、宮島観光アドバイザーのともちんです…

  3. 宮島お店情報

    宮島 表参道商店街にあるお洒落な「牡蠣屋」を紹介。

    こんにちは、宮島の温泉旅館「錦水館」の若旦那 武内こと、宮島観光アドバ…

  4. ともちんの日記

    やっぱり訪れたくなる宮島の「山村茶屋」ともちんのランチ情報。

    どうも!ホテル宮島別荘の若旦那 武内こと、宮島観光アドバイザーのともち…

  5. 宮島お店情報

    宮島の表参道商店街のお食事処「岩むら」に行ってきました!

    こんばんは!宮島観光アドバイザーのともちん…

広島県の天気

ブログカレンダー

2018年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  


  1. 過去の日記

    初すべり!!
  2. 宮島観光情報

    宮島 表参道商店街のおすすめのお店「宮島CAFEバンビーノ」をご紹介♪ 
  3. ともちんの日記

    宮島 男性のためのひとり旅満喫プランをご紹介。
  4. 宮島の季節や風景

    宮島観光アドバイザーともちんが好きな宮島の風景をご紹介♪
  5. 宮島の季節や風景

    写真を好きになってからSNSの発信が楽しくなった。
PAGE TOP