宮島観光情報

ホテル宮島別荘の魅力紹介その2.広島の地酒を味わえるBAR「蔵Vitto」の魅力。

どうも!ホテル宮島別荘の若旦那 武内です!

今日は、ホテル宮島の魅力紹介その2.広島の地酒を味わえるBAR「蔵Vitto」の魅力についてブログで紹介しています!実は、ホテル宮島別荘内には、BARがあります!でも普通のバーではありません・・・広島の地酒のみを厳選してラインナップに入れています。広島に来たのなら、広島の地酒を飲んでもらいたい!というオーナーの想いをカタチにしたのが「蔵Vitto」です。

日本酒が好き!お酒が好きな方は、是非、お立ち寄り下さい。外来の方でもご利用頂けますよ!

✒︎ホテル宮島別荘 蔵Vitto


ホテル宮島別荘のコンシェルジュ・デスクの隣に、BAR蔵Vittoがあります!写真は、夜のイメージ。20時以降は、照明も暗くなりイイ感じです。蔵Vittoには、広島の日本酒の他に、国産のウイスキーや広島のワインがリストに並びます!広島といえば、日本有数の酒どころで、名だたる有名な酒蔵の日本酒を取り揃えています。ちょっと前にNHKの大河ドラマで「マッサン」の舞台にもなったのは、広島の竹原。その影響で、有名な竹鶴などの広島の日本酒の入荷ができなくなるくらい人気になりました。オバマ前米大統領と安倍首相が、東京銀座の寿司店「すきやばし次郎」で会食したニュースにも寿司と一緒に飲まれていた日本酒が、広島の大吟醸・特製ゴールド賀茂鶴でした。それだけ広島の地酒が取り上げられるのは嬉しいことですし、より日本酒が好きな方に広島のお酒を味わってもらいたいと思います。海外のお客様もよくご利用頂いてます。日本のウイスキーなど、ストレートでゆっくり会話を楽しみながら飲まれています。日本のウイスキーも味わいが深く、ハマる方もいらっしゃいます。

■まとめ


今日は、ホテル宮島別荘にあるBAR蔵Vittoを紹介しました!是非、宿泊のお客様も、外来のお客様も、広島の地酒で楽しい時間をお過ごし下さい。蔵Vittoの営業時間は11:00〜23:00まで。昼は、当ホテルの島旨PANで購入されたパンと、蔵Vittoのドリンクもお飲み頂けます。

https://miyajima-villa.jp/facilities/kuravitto

 

■ホテル宮島別荘の情報

ホテル宮島別荘 HOTEL MIYAJIMA-VILLA

〒739-0505 広島県廿日市市宮島町1165

☎︎0829-44-1180

<公式HP>https://miyajima-villa.jp/

<Facebook>https://www.facebook.com/miyajimavilla1180/

<Twitter>https://twitter.com/miyajima_villa

<Instagram>https://www.instagram.com/_miyajima_villa/

ハッシュタグは、 #宮島別荘 でタグつけしてね!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

  1. 宮島 秋の紅葉情報をお届け【紅葉谷公園 2018.11.3時点】
  2. 第5回宮島フォトコン入賞作品&グランプリを発表!

関連記事

  1. 宮島観光情報

    宮島 海に浮かぶ美しい朱の社殿「厳島神社」を観光♪

    こんばんは!宮島観光アドバイザーのとも…

  2. 宮島観光情報

    ついに秋本番!紅葉をより楽しみたい方へオススメの過ごし方

    こんにちは!若旦那武内こと、宮島観光アドバイザーのともちんです。…

  3. 宮島観光情報

    大晦日の宮島伝統行事「鎮火祭」の魅力とは…年越し前の楽しみ方。

    どうも宮島観光アドバイザーの若旦那ともちんです!今年も後10日…

  4. 宮島観光情報

    宮島 嚴島神社をより楽しむ事ができる10の知識(後編)

    錦水館の若旦那武内こと、宮島観光アドバイザーのともちんです。前…

広島県の天気

ブログカレンダー

2019年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  


  1. ともちんの日記

    ビジネスの基本的な考え!誰に、どんな事ができるか?
  2. ともちんの日記

    久しぶりに行ってきた!てんぷら津久根島。やっぱり美味い!
  3. 宮島お店情報

    宮島で唯一の牡蠣専門店「牡蠣屋」をご紹介♪
  4. 宮島観光情報

    宮島 海に浮かぶ嚴島神社の謎パート3(世界ふしぎ発見!からの気づき)
  5. ともちんの日記

    支えてくれる人のために役立つ情報発信を継続しよう。
PAGE TOP