0829-44-1180(受付時間 09:00〜21:00)
ともちんの日記

宮島でお蕎麦を味わえるお店がオープン!「宮島蕎麦処 とんぼ」を紹介。

更新日 2017.12.30
目次

どうも、ホテル宮島別荘の若旦那 武内です!

今日のブログは、宮島に新しくオープンしたお蕎麦屋さんをご紹介します。お店の名前は、「宮島蕎麦処とんぼ」。宮島のメインストリートである表参道商店街から少し離れており、嚴島神社の裏手、大聖院へ続く滝小路に面した古民家を改装したお店がとんぼ。

🥢宮島蕎麦処 とんぼ


大聖院へ続く滝小路に入る前の道沿いに、「とんぼ」はあります。路地裏のお店は、情緒があって良いですね。お店の入口の看板と、暖簾が目印。早速中に入って見ましょう!

🥢店内はこんな感じ


大きな木のテーブル席になっており、席数は少なめ、2階に続く階段があったので、もしかしたら2階にも席があるのかもしれません。畳に椅子とテーブルのシンプルな空間。

🥢メニューはこんな感じ


季節限定のメニューからスタンダードな「ざるそば」「かけそば」、トッピングも好みで追加できるシステムになっています。冬季限定のあんかけ蕎麦や、鴨南蛮蕎麦などに惹かれたのですが、初めてなので、「かけそば」を注文しました。1玉でも2玉でも、同じ料金という事もあり、昼どきでお腹が空いていたので2玉で注文しました。トッピングは海老の天ぷらをプラス。

そして宮島と言えば「あなごめし」が有名ですので、どんな「あなごめし」なのか気になり注文しました。この時点でかなりお腹が膨れるだろうな・・・笑、と思いながら出来上がるのを待ちました。

🥢とんぼのかけそば


熱々のかけそばがテーブルに運ばれてきました。写真では分かりにくいかもしれませんが、麺は2玉は男性でも結構しんどかったです、でも1玉なら腹八分ほど。どちらか、あなたも悩むかも。

そしてトッピングの海老の天ぷらも。

海老は可愛いサイズなので、安心です(笑)好きな具材を選んで、トッピングできるのは良いですね♫

そして、ふっちゃなあなごめし

茶碗の大きさのあなごめしは、しっかりタレで焼かれた穴子とご飯にもタレが染み込んで濃厚。やっぱりあなごめしは美味しいですね。

お蕎麦はスタンダードな硬さと歯ごたえで、僕は好きな麺でした。1玉にするか2玉にするかは、お腹の空き具合で注文してはどうでしょうか?ご馳走様でした。

まとめ


今日のブログは、宮島でお蕎麦を味わえるお店がオープン!「宮島蕎麦処 とんぼ」を紹介という内容で新しいお店を紹介しました。本当に最近は飲食店が増えて、お客様も自分好みのお店を選択できるようになりましたね。島で暮らす自分としては宮島が活気が溢れていいなと感じます。

それでは、また別のブログで!若旦那でした。

お店情報/宮島蕎麦処 とんぼ

*営業時間や電話番号は正式な情報がまだないので情報が分かり次第掲載します。

 

■ホテル宮島別荘の情報

ホテル宮島別荘 HOTEL MIYAJIMA-VILLA

〒739-0505 広島県廿日市市宮島町1165

☎︎0829-44-1180

<公式HP>https://miyajima-villa.jp/

<Facebook>https://www.facebook.com/miyajimavilla1180/

<Twitter>https://twitter.com/miyajima_villa

<Instagram>https://www.instagram.com/_miyajima_villa/

ハッシュタグは、 #宮島別荘 でタグつけしてね!!

シェアしてくれたらぶち嬉しいけ!

書いている人

ホテル宮島別荘の若旦那
武内智弘(ともちん)

1981年広島県宮島生まれ宮島育ち。大学を卒業後、神楽門前湯治村で修行を積み、故郷宮島へ戻り、家業である宮島にある大正から続く100年宿『錦水館』の跡継ぎとして同旅館と、錦水館の経営する『ホテル宮島別荘』の代表を務める。宮島の魅力を伝えるため、宮島での思い出づくりをサポートすべく日々奔走中。