0829-44-1180(受付時間 09:00〜21:00)
ともちんの日記

ホテル宮島別荘の魅力紹介その6.宮島の暮らしを表現した3つのコンセプトルーム。

更新日 2017.12.31
目次

どうも、ホテル宮島別荘の若旦那 武内です!

今日のブログは、ホテル宮島別荘の魅力紹介というシリーズをブログで書いています。今回紹介する魅力は、宮島の暮らしを表現した3つのコンセプトルームを紹介します。H29.9.1にグランドオープンしたホテルが一体どんなホテルで、どんな部屋なのか?お客様からお問合せの多い内容ですので、是非、これから宮島別荘へ泊まってみたい!行ってみたい!とお考えのあなたの参考になれば嬉しいです。

それでは、ブログをお読みください♫

🛏ホテル宮島別荘-3つのコンセプトルーム-


今日は、ホテル宮島別荘の3つのコンセプトルームの紹介を書いています。宮島は海・山・自然、昔ながらの情緒ある町屋が今も残っております。

海の別荘と山の別荘、町屋の別荘と3つのコンセプトルームがございます。宮島別荘は全室ベッドタイプで、お寛ぎいただいています。*全室禁煙

🌊海の別荘

トリプル(小上がりにマットレス3台)
ツインルーム(セミダブルベッド×2台)

海の別荘は、瀬戸内海の穏やかな波と流木など海をイメージしたコンセプトルーム。小上がりにマットレスが3台敷いてある(トリプル)、ツインルームの居心地が良いお部屋。トリプルのお部屋には、櫓櫂舟を漕ぐための実寸大の櫂がベッドボードにディスプレイされています。またツインのお部屋には海にちなんだ宮島の写真を飾っています、全て若旦那が撮影した宮島の写真。和モダンでシンプルだが居心地が良い空間になっています。

■海の別荘

>>トリプル(小上がりにマットレス×3台)

>>ツインルーム(セミダブルベッド×2台)

 

⛰山の別荘

ツインルーム(セミダブルベッド×2台)
トリプル(小上がりにマットレス3台)
スイート(セミダブルベッド×4台)
ロフトダブル(山小屋風のインテリア)寝室は2階

山の別荘は、宮島の手つかずの自然や木々の温もりを感じて頂けるコンセプトルーム。写真はツインルーム。ベッドはオーナーが何度も色々なメーカーのベッドとマットレスを試して選んだ広島のドリームベッドから取り寄せたSerta社製を使っています。眠りも重要な要素の一つですので、お客様の快適な睡眠をサポートするために選びました。ツインルームの他に、小上がりにマットレスが3台敷いてある(トリプル)、クイーンダブル、当館で限定1室の4名で贅沢に過ごせるスイートルームと、一人旅に人気のロフトシングルや、お洒落な山小屋風のロフトダブルといった5タイプから選べます。

■山の別荘

>>トリプル(小上がりにマットレス×3台)

>>ツインルーム(セミダブルベッド×2台)

>>クィーンダブル(クイーンベッド×1台)

>>スイート(セミダブルベッド×4台)

>>ロフトダブル

>>ロフトシングル

🛣町屋の別荘

ツインルーム(セミダブルベッド×2台)
トリプル(小上がりにマットレス3台)

町屋の別荘は、宮島の情緒ある町屋通りにある家屋や格子戸などを表現した民芸調のお部屋。土壁や木の温かみを感じながら、のんびりした時間をお過ごしいただけます。家具やインテリアの統一感、スタイリッシュで和モダンな空間。ツインルームの他に、小上がりにマットレスが3台敷いてある(トリプル)、クイーンダブルからお選びいただけます。

■町屋の別荘

>>トリプル(小上がりにマットレス×3台)

>>ツインルーム(セミダブルベッド×2台)

>>クィーンダブル(クイーンベッド×1台)

まとめ


今回は、ホテル宮島別荘の魅力紹介ということで、3つのコンセプトルームを紹介しました。我が家のように寛いでもらいたいというオーナーの想いから宮島をイメージしたお部屋が誕生。是非、宮島別荘へお泊まりの際は、色々なお部屋で寛いで、宮島での旅行をより楽しく過ごしていただきたいと考えています。長文になりましたが、最後まで読んでいただき、ありがとうございます。それではまた別のブログで!

■ホテル宮島別荘の情報

ホテル宮島別荘 HOTEL MIYAJIMA-VILLA

〒739-0505 広島県廿日市市宮島町1165

☎︎0829-44-1180

<公式HP>https://miyajima-villa.jp/

<Facebook>https://www.facebook.com/miyajimavilla1180/

<Twitter>https://twitter.com/miyajima_villa

<Instagram>https://www.instagram.com/_miyajima_villa/

ハッシュタグは、 #宮島別荘 でタグつけしてね!!

シェアしてくれたらぶち嬉しいけ!

書いている人

ホテル宮島別荘の若旦那
武内智弘(ともちん)

1981年広島県宮島生まれ宮島育ち。大学を卒業後、神楽門前湯治村で修行を積み、故郷宮島へ戻り、家業である宮島にある大正から続く100年宿『錦水館』の跡継ぎとして同旅館と、錦水館の経営する『ホテル宮島別荘』の代表を務める。宮島の魅力を伝えるため、宮島での思い出づくりをサポートすべく日々奔走中。