0829-44-1180(受付時間 09:00〜21:00)
ともちんの日記

やっぱり訪れたくなる宮島の「山村茶屋」ともちんのランチ情報。

更新日 2018.02.26
目次

どうも!ホテル宮島別荘の若旦那 武内こと、宮島観光アドバイザーのともちんです。

今日のブログは、一部のお客様からご支持を頂いているランチ情報をお届け(笑)毎回宮島にある僕が訪れて美味しいと思うお店を紹介するブログ。今回は紅葉谷公園内にある山村茶屋を紹介。初めて宮島を訪れる方、何度か宮島へ来られた方の旅の参考になれば嬉しいです。それではご覧下さい。

紅葉谷公園内にあるアットホームな山村茶屋


宮島桟橋から徒歩25分ほど。秋に有名な宮島の紅葉谷公園内に山村茶屋はあります。初夏から夏にかけて新緑が綺麗で、秋には色鮮やかに彩られる紅葉を楽しむことができるので、ランチの利用と合わせて便利な場所にあります。

初夏は青々とした紅葉が綺麗。
紅葉谷公園の赤い橋の新緑。
秋は赤や黄色に彩られる紅葉谷公園。

四季によって美しい自然を満喫できる紅葉谷公園内に山村茶屋があります!

アットホームで料理が美味しい山村茶屋


外観はこんな感じ。

看板やお店自体はレトロで良い雰囲気、晴れた時は外の席でも食事を楽しめます。

メニュー札もレトロな感じでいいね。

個人的にオススメは、穴子飯、オムライス、やきめし。おばあちゃんがお店を営業しているのだけど、家庭的でリーズナブルな料金が魅力です。いつもオーダーするメニューは「やきめし」。ここの「やきめし」は子供の頃から大好きな味で、ここに来ると必ず食べたくなります。>>僕が山村茶屋のやきめしが好きな理由。

山村茶屋のやきめし

おばちゃんが作る「やきめし」は最高!

細かく刻んだ野菜や牛肉、玉子が入ったシンプルだけど美味しい「やきめし」。香ばしくてパラっとしたご飯はとても美味しいです。味のアクセントに、ソースをかけても旨い!是非、訪れた時に味わって欲しい一品。

山村茶屋のあなご飯がまた旨い!

宮島の定番!名物の穴子飯も最高。

 

いかがでしたでしょうか?食べたくなりませんか?ブログを書いていて、また食べたくなる僕です(笑)是非、宮島に行かれる際は、訪れてみて下さい。また、宮島ロープウェイ乗り場も近いので、チケットの販売も山村茶屋では行っています。とても便利ですよ!それでは、また別のブログで、ともちんでした。

お店情報:山村茶屋

広島県廿日市市宮島町藤の棚公園内

0829-44-0274

9:00〜17:00(不定休)

 

シェアしてくれたらぶち嬉しいけ!

書いている人

ホテル宮島別荘の若旦那
武内智弘(ともちん)

1981年広島県宮島生まれ宮島育ち。大学を卒業後、神楽門前湯治村で修行を積み、故郷宮島へ戻り、家業である宮島にある大正から続く100年宿『錦水館』の跡継ぎとして同旅館と、錦水館の経営する『ホテル宮島別荘』の代表を務める。宮島の魅力を伝えるため、宮島での思い出づくりをサポートすべく日々奔走中。