0829-44-1180(受付時間 09:00〜21:00)
ともちんの日記

宮島で丼が旨い!お店紹介【昭和感ただよう加福食堂】

更新日 2018.08.23
目次

どうもホテル宮島別荘の若旦那 武内こと、宮島観光アドバイザーのともちんです!

今日のブログは、一部の方に人気の(笑)オススメのランチ情報をお届けします。

今回のテーマは、丼(ご飯物)が美味しいお店を紹介ということで、昭和レトロ感ただよう加福食堂をご案内。

加福食堂


宮島桟橋から徒歩1分ほどにある加福食堂は、おばちゃんが営業する家庭的なお店。

観光地は食事代が高いと思われる方も多いでしょうが?穴子飯以外、1000円でお釣りが出るメニューがほとんどで観光のお客様には優しい内容。

とにかく丼が旨い!


ふわふわ卵の親子丼 700円
プリプリの牡蠣がたまらない牡蠣丼 820円
トマトケチャップが懐かしいチキンライス 700円

どれもリーズナブルで嬉しい、しかもおばちゃんの丼は家庭的な味で美味しいです。

観光地だからお好み焼きや穴子飯、牡蠣もオススメですが、切り口を変えて、こういったメニューを選んでテイクアウトで牡蠣や穴子を食べるのも楽しみ方の一つです。

是非、宮島観光でランチをお考えのあなたの参考になれば嬉しいです。

お店情報


広島県廿日市市宮島町858

☎︎0829-44-2551

open 10:00頃〜16:00頃

*不定休

食べログページへ

シェアしてくれたらぶち嬉しいけ!

書いている人

ホテル宮島別荘の若旦那
武内智弘(ともちん)

1981年広島県宮島生まれ宮島育ち。大学を卒業後、神楽門前湯治村で修行を積み、故郷宮島へ戻り、家業である宮島にある大正から続く100年宿『錦水館』の跡継ぎとして同旅館と、錦水館の経営する『ホテル宮島別荘』の代表を務める。宮島の魅力を伝えるため、宮島での思い出づくりをサポートすべく日々奔走中。