0829-44-1180(受付時間 09:00〜21:00)
ともちんの日記

奥ノ谷塾 、第1講を終えて。

更新日 2019.03.04
目次

お疲れ様です、錦水館・宮島別荘の若旦那 武内です!

先日は、OWNDAYS東京本社で開催された奥ノ谷塾に参加しました。1年ぶりにメンバーと一緒に学べる事が嬉しかった。1年前は新しいホテルの開業オープンで、自分は参加する自信が無かった。でも今思うと、参加していたら…と思うほど、奥ノ谷塾は初回から濃厚な3時間でした。

第1講のゲスト講師は、ビリギャルで有名な坪田先生。

最初から引き込まれました。「自己紹介の目的は何ですか?」という質問。

■自己紹介について

講義前に坪田先生の前で自己紹介をしましたが、自己紹介をする時に、何となくしてませんか?共感してもらうように意識して伝えてましたか?と言われました。

自己紹介の目的は、自分のことを理解してもらうことではない。

自己紹介の目的は「人生を変える」こと。

自己紹介をする場面は、初対面で相手との関係性が気付けていない状態。理解してもらうよりも共感をしてもらう事で、距離が縮まる。より相手を知れる。改めて自分紹介の重要さを実感しました。

次に、坪田先生は、「会社の業績が傾いた時にあなたは、まず何をしますか?」という問いについて。

私は、働いているスタッフへ、会社の目的は何か?を問います。そうしたら、驚くほど、みんなバラバラ。中には目的を知らずに、意識せず仕事をしている人もいる。

■目的の大切さ

会社の目的は利益を上げる事ではなく、利益は目的を達成するための手段のひとつ。目的は、もっと崇高なもので、チームが熱狂し、同じ意識で働くために必要な事。目的を共有すると組織は活性化し、成果を上げる事ができる。

普段から分かりやすい言葉で、スタッフへ会社の目的を声に出し、何回も問う。スタッフへ浸透するまで繰り返す。強い組織は、共通の言語、目的を持っている。

経営者は、夢や目的を語る。自分に足りない事を気づかせてもらえた時間でした。

懇親会は、銀座 おたる政寿司で中村さんの握りを味わいながら仕事の話で盛り上がった。経営者みんなとの時間の共有は楽しいし、楽しいだけでなく学んだ事を行動しないとって喝を入れてもらっています。

次回は短パンフェスなど、イベントが盛りだくさん。やんぞ、また別のブログで、ともちんでした。お寿司っ!!

シェアしてくれたらぶち嬉しいけ!

書いている人

ホテル宮島別荘の若旦那
武内智弘(ともちん)

1981年広島県宮島生まれ宮島育ち。大学を卒業後、神楽門前湯治村で修行を積み、故郷宮島へ戻り、家業である宮島にある大正から続く100年宿『錦水館』の跡継ぎとして同旅館と、錦水館の経営する『ホテル宮島別荘』の代表を務める。宮島の魅力を伝えるため、宮島での思い出づくりをサポートすべく日々奔走中。