0829-44-1180(受付時間 09:00〜21:00)
ともちんの日記

宮島最古の道を通って、お気に入りの穴子飯を食べてきました♪

更新日 2014.03.11
目次

 

こんばんは!

錦水館の若旦那 武内こと、

宮島観光アドバイザーのともちんです。

 

今日も宮島は、お昼はポカポカ陽気な雰囲気で

とても気持ちいいですね♪

 

こんな日は、散歩がてら、美味しいランチでも

食べてみたいな?って休憩中にふらって宮島島内を散策♪

 

宮島は実は、メインの商店街の他に通りがあり、

町屋通りという、島民の生活を感じる通りがあります。

そこからさらに奥に入った道に、山辺の古径(やまべのこみち)

という宮島最古の道と言われる道があります。

 

とても人通りも少なく、島民のお散歩コースとして

愛されている道です♪

 

私も子供の頃によく鬼ごっこや、かくれんぼで遊んでいました♪

少し丘の上を行くと、

通常の観光では中々みる事ができない、町屋の景色と一緒に大鳥居を

望むことができます。

 

昔から見ている景色は、年齢が上がってもとても落ち着きすね♪

 

写真 1 (3)

 

写真 2 (2)

 

散歩のあとにランチで立ち寄ったお店は、

僕のお気に入りの穴子飯のお店「和田」(わだ)さんです。

 

あなごめし和田?

あなごめし和田?

あなごめし和田?

 

ここの穴子飯は、タレをしっかりつけて焼いておりますので、

香ばしくてとても美味しいです。

和田さんの特徴は、香ばしさの他に、穴子がふっくらしています。

めっちゃ旨いです。

 

少し贅沢なランチになりましたが、

子供の頃を思い出した瞬間でした・・

 

メインの観光コースとは離れますが、

のんびりした時間を過ごせますよ♪

 

今日もお疲れ様でした、

ともちんでした。

 

穴子飯の和田さんの情報も参考に載せておきますね♪

是非ご参考下さい。

 

<お店情報: あなごめし 和田>

?場  ? ?所: ?広島県廿日市市宮島町424

?連 絡 先 : ?0829-44-2115

?営業時間: 11:00-15:00

?定 休 日 : 不定休

?H    ?P: あなごめし 和田

 

シェアしてくれたらぶち嬉しいけ!

書いている人

ホテル宮島別荘の若旦那
武内智弘(ともちん)

1981年広島県宮島生まれ宮島育ち。大学を卒業後、神楽門前湯治村で修行を積み、故郷宮島へ戻り、家業である宮島にある大正から続く100年宿『錦水館』の跡継ぎとして同旅館と、錦水館の経営する『ホテル宮島別荘』の代表を務める。宮島の魅力を伝えるため、宮島での思い出づくりをサポートすべく日々奔走中。