0829-44-1180(受付時間 09:00〜21:00)
宮島お店情報

宮島の美味しいあなごめしはココだ!勝手に若旦那ランキング

更新日 2019.05.04
目次

どうも、ホテル宮島別荘の若旦那 武内こと、宮島観光アドバイザーのともちんです。

今日のブログは、宮島名物のあなごめしの美味しいお店をランキング形式でまとめた内容を書いています。旅行の楽しみといえば、やっぱり、その土地でしか味わえないグルメが魅力ですね。お客様からよく頂く質問で、「あなごめしを食べるならどこがオススメ?」という内容で質問を頂きますので、あくまで僕が実際に島内のお店を食べ歩いて、より美味しいと思うお店を勝手にランキングにしました。

是非、あなたが宮島を旅行される時のランチ選びの参考になれば嬉しいです!それではご覧ください。

なんで宮島は穴子が有名なの?

宮島といえば、牡蠣料理、穴子料理と言われるくらい、どこの雑誌を見ても紹介されています。そもそも、あなごめしは、瀬戸内海の地域の郷土料理として有名ですが、もとは漁師料理が発祥とされています。うな丼のように、どんぶりのうえにタレをつけてしっかり焼かれた穴子をトッピングする「あなごめし」が主流です。今では駅弁としても有名で、宮島口・広島駅・岡山駅・新山口駅等でも、販売されています。広島のお好み焼きと並んで愛されるローカルフードです。

それでは、あなごめしの美味しいお店ベスト5を紹介します!

 

宮島 あなごめし ベスト5


第5位 お食事処梅山のあなごめし

宮島の表参道商店街の入り口付近にある、「梅山」、ふっくらした穴子とご飯をしっかり食べられる。男子にはボリュームもあるのでオススメ。メニューの中には、にし貝のつぼ焼きなど、お酒のあてにあうメニューもあります。是非注文してみて下さい♪にし貝のこりこりした食感も病みつきになります。

お店情報梅山<<WEBサイトへclick

☎ 0829-44-0313

営業時間10:00~17:00頃

休  み不定休

第4位 いな忠 あなごめし

表参道商店街の中にあるいな忠は、昔から代々継ぎ足して使っている秘伝のタレを穴子にしっかり付けて、焼いた穴子飯がとても美味しいです。僕は、個人的には、お弁当の持ち帰りも好きです。幼稚園から中学校まで一緒の同級生のそうちゃんが家を継いで伝統の味を守っています。

お店情報いな忠<<WEBサイトへclick

☎ 0829-44-0125

営業時間10:30~15:30頃

休  み不定休

第3位 まめたぬき あなごめし

ここで、我が宿、錦水館の名物料理「あなごめし」をご紹介。高温のスチームで陶器の箱につめた穴子とご飯を蒸焼きにした、ホクホク、アツアツの穴子飯は、月に何度も食べますが、いつも飽きずに食べてしまうほどです。当館自慢のあなごめしを是非ご賞味下さい。「スプーンですくって穴子がトロける?」とお声を頂く柔らかさが人気の秘密です。

お店情報まめたぬき<<WEBサイトへclick

☎ 0829-44-2152

営業時間ランチ11:00~15:00(LO14:30)、ディナー17:00~22:00(LO21:30)

休  み不定休

第2位 ふじたや あなごめし

宮島の厳島神社の出口から大聖院に向かう坂道の途中にある穴子飯の名店「ふじたや」は、なんとミシュランの1つ☆を獲得した程、有名です。どんぶりには、木フタがされて提供されるので、アツアツの状態で穴子飯を食べることができます。宮島で一番高い穴子飯ですが、お客様評価も納得の味です。

お店情報ふじたや<<WEBサイトへclick!

☎ 0829-44-0151

営業時間11:00~17:00

休  み不定休

第1位 和田 あなごめし

宮島の表参道商店街より一歩奥に入った通り、町屋通りにある幸神社の前の階段を上ったところにある和田さんは、炭火で焼いた香ばしい穴子が特徴の味です。ふわっとした穴子の食感とふっくらご飯はたまりません!ランチで是非食べたい穴子飯です。ナインティーナインの岡村さん(昔)のお写真も飾ってありました♪ビックリ・・

お店情報和田<<WEBサイトへclick!

☎ 0829-44-2115

営業時間11:00~15:00頃*売切れ次第終了

休  み不定休

まとめ


いかがでしたでしょうか?宮島島内にあるオススメの穴子飯のお店をランキング形式で、ご紹介しました。初めての観光地、ランチ選びにとてもお悩みになると思いますが、今回の情報があなたのお役に立てると嬉しいです。また、紹介したお店は急きょ、お休みになるケースもありますので、電話で確認する事もオススメしています。基本的に島内のお店は、予約を受けていないので、観光シーズン中は、オープン時間に合わせて訪れると良いです♪それでは、また別のブログで!ともちんでした。

シェアしてくれたらぶち嬉しいけ!

書いている人

ホテル宮島別荘の若旦那
武内智弘(ともちん)

1981年広島県宮島生まれ宮島育ち。大学を卒業後、神楽門前湯治村で修行を積み、故郷宮島へ戻り、家業である宮島にある大正から続く100年宿『錦水館』の跡継ぎとして同旅館と、錦水館の経営する『ホテル宮島別荘』の代表を務める。宮島の魅力を伝えるため、宮島での思い出づくりをサポートすべく日々奔走中。