0829-44-1180(受付時間 09:00〜21:00)
宮島お店情報

うまい!お好み焼き”ももちゃん”をレポート。広島に来たら是非食べてみんさいね!

更新日 2015.01.10
目次

お好み焼き

こんにちは、若旦那武内こと、宮島観光アドバイザーのともちんです。

今日のブログは、宮島島内にある美味しい(旨い!)お好み焼きのお店「ももちゃん」を紹介します。お好み焼きは、関西風、広島風と分けていますが、焼き方が違って、どちらも美味しくてボクは大好きです(^O^)地域によって地元の人に愛される名物料理は、やっぱり良いですね。

ウィキペディアで調べると、お好み焼きの起源は、安土桃山時代千利休が作らせていた「麩の焼き(ふのやき)」が始まりと記されているそうです。こんなに古くからお好み焼きの歴史があったとは・・・広島では、終戦後「一銭洋食」を元に、ねぎをキャベツに置き換えたり、「もやし」や「そば」などの具材追加で、乗せ焼きが特徴の広島風お好み焼きが誕生したそうです。水で溶いた小麦粉を鉄板に円状に広げ生地を焼き、その上にネギや天かすなどを載せて作る「のせ焼き」が主流で、子供のおやつ替りに出されていました。

そんな広島の地元民に愛されるお好み焼きが食べられるお店は、宮島島内に6軒程あります、今日はその中で、スタッフやボクも大好きなお店「ももちゃん」をブログで書いています。

ももちゃんは、宮島のメインストリート表参道商店街にあり、宮島桟橋から歩いて約5分程の場所にあります。

ももちゃん?

 

ももちゃん?

 

今の時期のオススメの一枚

お好み焼きでも、トッピングが様々あります。上記の写真のように、スペシャル・デラックスなどボリューム満点のトッピングもありますので、選ぶのが楽しくなりますね。今日注文した一枚は、冬という事もあるので、冬の味覚「カキ入り肉玉そば」1,100円を注文しました。

宮島 ももちゃん

大将が一枚一枚、丁寧に鉄板の上で、焼いていきます!ワクワク。

出来上がった「カキ入り肉玉そば」がこちらです!!

ももちゃん?

 

ももちゃん?

 

ももちゃん?

 

広島焼きの特徴は、濃厚なお好み焼ソースが特徴で青のりもかかっています。トッピングの牡蠣もこんな感じで付いていますよ!中には、焼かれた熱で程よくしんなりしたキャベツ、ボリュームのあるソバが入っています。男性で量を食べたい!という人はそば玉をダブルで注文する方もいらっしゃいます。やっぱり広島県人、1週間に1回は食べたくなりますね。もちろん牡蠣もプリッとしています♪

ももちゃんは、穴子ちくわも販売しています。お好み焼きが焼き上がる前にビールと一緒に食べると、とても合います。

ももちゃん?

ブログまとめ

いかがでしたでしょうか?宮島島内にある美味しいお好み焼きのお店「ももちゃん」をご紹介しました。何度かブログでも紹介していますが、違ったメニューもオススメですので是非行かれてみて下さいね。それでは、また別のブログでともちんでした。

お店情報:ももちゃん

住  所:広島県廿日市市宮島町北之町浜553

電  話:0829-44-2100

営業時間:9:00-18:00

休  み:不定休(要事前確認)

地  図:Googleマップ

宮島ウォーカープレゼントバナー

*「Miyajima Walker」iPhone・iPadで見る場合、

?データをタップ?”iBOOKs”で開くをすると、画像が綺麗にみれます。

ワールドウォーM

シェアしてくれたらぶち嬉しいけ!

書いている人

ホテル宮島別荘の若旦那
武内智弘(ともちん)

1981年広島県宮島生まれ宮島育ち。大学を卒業後、神楽門前湯治村で修行を積み、故郷宮島へ戻り、家業である宮島にある大正から続く100年宿『錦水館』の跡継ぎとして同旅館と、錦水館の経営する『ホテル宮島別荘』の代表を務める。宮島の魅力を伝えるため、宮島での思い出づくりをサポートすべく日々奔走中。