ともちんの日記

空からのルートで宮島へ向かうおすすめの方法をご紹介。

宮島空の旅

若旦那武内こと、宮島観光アドバイザーのともちんです。

今日のブログは、「空からのルートで宮島へ向かうおすすめの方法をご紹介。」という事で、新幹線と車が以外の旅行移動ルートをご紹介します。東京から宮島へ向かうなら時間が合えば、実は●●時間で行けるんです。

観光に時間を多く使いたい・・・というあなたは是非、今回のブログを参考下さい。

空からのルートで宮島へ向かう方法

実はこんなルートが・・・

東京羽田空港⇒岩国錦帯橋空港まで(1時間30分。)

岩国錦帯橋空港⇒JR岩国駅まで(10分。)

JR岩国駅⇒JR宮島口駅まで(23分。)

JR宮島口駅⇒宮島口フェリーまで(5分。)

宮島口フェリー⇒宮島まで(10分。)

わずか2時間15分程で宮島まで行けます!新幹線で行くと、東京駅から宮島口まで、4時間40分程かかります。

東京から岩国錦帯橋空港までの便数は、1日4便出ています。

東京⇒岩国 ANA国内線1日4便

東京⇒岩国 ANA国内線1日4便

もし、あなたが朝、東京羽田を出発すると10:30に岩国着。12時前までには、宮島へ到着できますよ(^O^)。とても便利な便ですね。広島空港よりも宮島よりの岩国に到着しますので、便の時間に合えばとても便利な空のルートです。新幹線で長時間座って向かうより、わずかな時間で宮島へ行けるのは魅力ですね♪

また岩国錦帯橋空港付近には世界文化遺産の山口の錦帯橋もありますので、宮島入りする前に錦帯橋の観光をするのも良いです。岩国駅から錦帯橋までバスで15分程です。

wikipedia参照

wikipedia参照

日本三名橋のひとつ「錦帯橋」 (きんたいきょう) は日本を代表する木造橋です。他に例を見ない特異な姿の五連の反り橋が特徴で、1922年 (大正11年) には国の名勝に指定されています。橋の長さは、橋面にそって210m、直線で193.3m。また幅5m、橋台の高さ6.64mです。

ブログまとめ

いかがでしたでしょうか?もしあなたが東京から向かう場合で、時間が合えば、わずか2時間15分程で宮島へ到着します。12時前に到着して、ランチを旅館やホテルに預けて、名物料理の穴子飯や広島お好み焼きを食べて、厳島神社などの観光に時間を使えますよ(^-^)。あなたのご旅行の選択肢になれば嬉しいです。では、また別のブログで、ともちんでした。

また今回紹介した記事の内容に関係のあるリンクを下記に貼っておりますので、是非ご参考下さい。

ブログお役立ちリンク集

岩国錦帯橋空港HP

岩国錦帯橋空港HP

岩国観光

一般社団法人 岩国観光協会HP

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

記事が気に入ったら
ホテル宮島別荘を "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

宮島別荘 | Tomohiro Takeuchi

ピックアップ記事

  1. 第5回宮島フォトコン入賞作品&グランプリを発表!

関連記事

  1. 宮島観光情報

    宮島のシンボル「大鳥居」を詳しくご紹介♪

    こんばんは!宮島観光アドバイザ…

  2. ともちんの日記

    ボクが写真を好きになった理由。写真は立派なコミュニケーションツール。

    こんにちは、若旦那武内こと、宮島観光アドバイザーのともちんです。…

  3. ともちんの日記

    対岸の地御前にある魚とシークワーサーの美味しいお店「勇魚(いさな)」を紹介。

    宮島の温泉旅館「錦水館」の若旦那 武内こと、宮島観光アドバイザーのとも…

  4. 宮島観光情報

    宮島の旅館の若旦那が選ぶ、美味しいあなご飯店ランキング!

    こんばんは、若旦那武内こと、宮島観光アドバイザーのともちんです…

  5. ともちんの日記

    H29.9.1GRAND OPENにつき《ホテル宮島別荘》の創業メンバー求人募集中!

    どうも、若旦那 武内です!ゴールデンウィーク真っ只中ですが、今…

  6. 宮島観光情報

    初夏を感じる新緑の宮島。緑が眩しいです!

    錦水館の若旦那 武内こと、宮島観光アドバイザーのともちんです。…

広島県の天気

ブログカレンダー

2018年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  


  1. ともちんの日記

    ホテル宮島別荘の魅力紹介その4.宮島初の瀬戸内海を望む展望畳風呂「湯Like」の…
  2. ともちんの日記

    宮島 夏の観光の涼みスポットをご案内
  3. 宮島観光情報

    今年の反省も含めて・・・売上よりも大切にする事。
  4. ともちんの日記

    僕のエピソード『僕が家業を継ごうと思ったきっかけ』
  5. 過去の日記

    NHK大河ドラマ『平清盛』の影響。
PAGE TOP