0829-44-1180(受付時間 09:00〜21:00)
宮島お店情報

嚴島神社の魅力ある3つの見所をご紹介。

更新日 2015.12.23
目次

若旦那 武内こと、宮島観光アドバイザーのともちんです。

今日のブログは、嚴島神社の3つの見所をご紹介してます。一度神社を訪れた方も、これから参拝する方にもお役に立てると嬉しいです。それでは、ブログスタートです。

嚴島神社の魅力ある3つの見所をご紹介。

1.美しい回廊

神社の回廊の長さは、なんと幅が4メートル、長さが262メートルにも及びます。朱色の社殿を結ぶ回廊は圧巻です。回廊の板と板の間には隙間があり、満潮時に押し寄せる海水の抵抗を弱める工夫がなされています。ここは、神社のポイントのひとつです。

厳島神社5

2.様々な神様が祀られた神社

神社には、様々な神様が祀られています。入口から入ってすぐにある客神社のご祭神「正哉吾勝々速日天忍穂耳命」「天穂日命」「天津彦根命」「活津彦根命」「熊野樟日命」の五男神が祀られています。神社での祭事はここから始めます。

厳島神社9

次に、ご本殿。ここには、市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)、田心姫命(たごりひめのみこと)湍津姫命(たぎつひめのみこと)。あの日本神話に登場されます天照大神(あまてらすおおみかみ)皇室の祖神で、日本民族の総氏神として知られています。平清盛は、朝鮮への海上交通の平安を守護する事から【海上安全・水に関するご利益】が授かれます。

厳島神社12

次に、天神社。学業の神様が祀られています。創建は、弘治2年(1556年)毛利元就によって寄進されました。ここには、沢山の絵馬が飾られています。

DSC09340

神社には様々な神様が祀られているのポイントのひとつです。

3.満潮時に浮かぶ社殿

潮の潮位は、1日2回。約6時間で変化していきます。満潮時は、神社が海に浮かんで見え、とても美しい風景を見ることができます。潮位を調べて神社を参拝するのもポイントのひとつですよ。

厳島神社46

Blogまとめ

今日のBlogは、嚴島神社の3つの見所についてポイントでまとめてみました。少しでもあなたの旅の参考になれば嬉しいです。それでは、また別のBlogで(^-^)ともちんです。

 

ともちんグラム

RETORIP

町屋通り通信

 

シェアしてくれたらぶち嬉しいけ!

書いている人

ホテル宮島別荘の若旦那
武内智弘(ともちん)

1981年広島県宮島生まれ宮島育ち。大学を卒業後、神楽門前湯治村で修行を積み、故郷宮島へ戻り、家業である宮島にある大正から続く100年宿『錦水館』の跡継ぎとして同旅館と、錦水館の経営する『ホテル宮島別荘』の代表を務める。宮島の魅力を伝えるため、宮島での思い出づくりをサポートすべく日々奔走中。