0829-44-1180(受付時間 09:00〜21:00)
宮島お店情報

宮島の旅館「錦水館」の名物料理「穴子」と「牡蠣」のメニューをご紹介♪

更新日 2014.03.02
目次

 

こんばんは!

宮島観光アドバイザーのともちんです。

 

本日は休前日という事もあり、沢山の観光のお客様で

にぎわっていました♪

 

商店街の飲食店は、たくさん行列状態で、なかなか

昼食を食べることができず順番待ちが続いています。

 

もし宮島島内にお越しの場合は、11:00のオープンの

お店が多いので、開店してすぐに昼食をとって、

宮島島内を観光した方が時間のロスもなく良いです♪

12:00頃からかなり昼食を取られるお客様が多いので、

お気を付け下さいませ。

 

さてさて!

 

今回のブログは、宮島の旅館「錦水館」の中にある、

お食事処「まめたぬき」の人気昼食メニュー2つをご案内♪

 

?牡蠣と穴子の競演セット(穴子陶箱飯+かきフライ)

 

?百年かきカレー

 

の人気メニューをレポート致します。

 

牡蠣と穴子の競演の特徴は、2つの宮島名物を味わえる事です。

穴子陶箱飯は、熱々の状態の穴子飯を食べることができます。

穴子の身はスチームで陶器の箱に入れた状態で蒸し焼きにしますので、

柔らかく、ふっくらです。

 

穴子陶箱飯

 

御飯は契約農家から取り寄せた桑田米を使用しています。

お米が美味しいと評判です。

 

穴子陶箱飯?

 

柔らかい穴子と御飯の相性は抜群です。

かきフライもサクサクで美味しいです。

 

豆たぬき あなご陶箱飯?

 

そとは、衣がサクサク!!中はぷりっぷりの牡蠣

最高の組み合わせの名物定食です。

 

最後は、百年かきカレー

カレーのルーの中には牡蠣がたくさん!

お皿の上に、ふんわか盛られた御飯とかきフライに、

ルーをたっぷりかけてお召し上がり下さいませ。

 

豆たぬき 百年かきカレー?

豆たぬき 百年かきカレー?

 

野菜もしっかりセットでついておりますので、女性にもオススメです♪

ルーはスパイシーな風味で病みつきになる味ですね・・・

(ぜひ、食べて頂きたいカレーです。)

 

豆たぬき 百年かきカレー?

 

ここまで食べたら、さすがに満腹ですね(笑)

 

お食事処まめたぬきは、11:00からオープンしております。

是非、お早目に名物の穴子陶箱飯や、百年カレーを食べて頂き、

その後は、しっかり宮島観光をお楽しみ下さいませ。

 

<お店情報 お食事処 まめたぬき>

?住   所: 広島県廿日市市宮島1133番地

? 連 絡 先: 0829?44?2131

?営業時間: 昼営業 11:00?15:00(14:30 L.O)

夜営業 17:00?23:00(22:30 L.O)

*夜営業もございます。昼食メニューとは若干内容が異なります。

*夜営業は、火曜日が定休日 。

? 定 休 日: 基本無休

?ホームページ: 食べログ お食事処

 

 

シェアしてくれたらぶち嬉しいけ!

書いている人

ホテル宮島別荘の若旦那
武内智弘(ともちん)

1981年広島県宮島生まれ宮島育ち。大学を卒業後、神楽門前湯治村で修行を積み、故郷宮島へ戻り、家業である宮島にある大正から続く100年宿『錦水館』の跡継ぎとして同旅館と、錦水館の経営する『ホテル宮島別荘』の代表を務める。宮島の魅力を伝えるため、宮島での思い出づくりをサポートすべく日々奔走中。