0829-44-1180(受付時間 09:00〜21:00)
ともちんの日記

東京出張での学びー東京2DAYSーLast day

更新日 2016.08.24
目次

宮島の温泉旅館「錦水館」の若旦那 武内です。

今日のブログは、東京出張での学びー東京2DAYSーの続きを書いています。

星のや東京「塔の日本旅館」に泊まった初日の夜に、和食の参考になるお店へ、社長と行ってきました。京橋にある婆娑羅というお店。親父は、いつも和食の雑誌やレストラン、旅館、ホテルなどを読んで、行ってみたい!お店に必ず行っています。自分の感性に合うと感じ場所に行って、確かめる。いくつになっても勉強熱心。

写真 2016-08-20 20 01 27

そんな親父の行動力や好奇心の元は、旅館でやったらお客様が喜ぶんじゃないか?楽しいからやってみる。いつもシンプルなんです。最近は男二人で話す機会がなかったけど、仕事の事や、昔の話、どんな事に関心を持っているのか?社長(親父)が考えている事を知る事が出来た。

写真 2016-08-20 21 04 53

昔は、よく仕事の事で口喧嘩も多かったけど、年々自分の仕事の内容が変わってきて、「経営者」という社長の仕事を見てきて、大変さや決断するという責任の重さを実感しています。絶対に働いているスタッフには、その重さは分からないっていう言葉の意味、を間近で見ていて認識する。今はNo2という立場の目線で見ている事が、どんどん変化していくんだろうなって思う。

会社を存続・成長させていく中で、今ままで沢山の修羅場をくぐってきた社長の話は、一番勉強になるし、考え方を知る事が出来て、自分だったらどうするだろう?どう決断するだろう?って考えながら、社長の話を聞いていた。

以前に、本間先生に言われた言葉で頭に残っている言葉。

自信をつけるためには、何が必要か?それは、行動するしかない!行動を繰り返す事で、色々な経験をし、トライ&エラーを行う中で成長していく。まず、行動する事から。

自分がこれから行動する上で、世の中の変化、新しいサービス、関心ごと、自分の感性を揺さぶられる事、体験して今後の経営に生かしていきたいと思います。

写真 2016-08-20 19 53 54写真 2016-08-20 20 26 10写真 2016-08-20 20 01 11写真 2016-08-20 20 50 59婆娑羅

 

名称未設定-4

シェアしてくれたらぶち嬉しいけ!

書いている人

ホテル宮島別荘の若旦那
武内智弘(ともちん)

1981年広島県宮島生まれ宮島育ち。大学を卒業後、神楽門前湯治村で修行を積み、故郷宮島へ戻り、家業である宮島にある大正から続く100年宿『錦水館』の跡継ぎとして同旅館と、錦水館の経営する『ホテル宮島別荘』の代表を務める。宮島の魅力を伝えるため、宮島での思い出づくりをサポートすべく日々奔走中。