0829-44-1180(受付時間 09:00〜21:00)
宮島お店情報

あなご飯の老舗「いな忠」に行ってきた!宮島の美味しいランチ情報。

更新日 2017.02.05
目次

こんにちは、宮島の温泉旅館「錦水館」の若旦那 武内こと、宮島観光アドバイザーのともちんです。

今日のブログは、宮島の美味しいランチ情報をお届けという内容で、宮島を旅行で訪れる人へ向けたお食事情報を書いています。宮島には、たくさんお店があるけど、どこがオススメ?という質問をよくお客様から頂きますので、今回は宮島の名物「あなご飯」の美味しい老舗の「いな忠」さんを紹介します。

ぜひ、あなたの旅の参考になれば嬉しいです。それでは!ご覧下さい!

■あなご飯の老舗 いな忠を紹介


いな忠は、宮島の表参道商店街の真ん中に位置しているあなご飯が美味しい老舗のお店。入り口では、あなごを焼いていて香ばしい香りが店先で広がります。そう焼きあなごの美味しいあなご飯がいな忠の看板商品。

店先では、あなごを焼く香ばしい香りが広がります。食欲をそそります。
店内は沢山のお客様で賑わっています。ほとんどの方があなご飯を注文されています。

メニュー内容は、あなご飯以外にも定食やうどん・そばもあります。

いな忠のオススメのメニュー*H29.2.5現在

牡蠣や穴子飯もあるけど、唐揚げ定食やソバ・うどんメニューもありますので、お子様連れのお客様にも喜ばれる内容です。

今回は、二人で行っていたので、あなご飯と清盛定食を注文しました!

いな忠のあなご飯

フタを開けるとぎっしり焼き穴子が・・・

いな忠のあなご飯は、香ばしく焼かれた焼き穴子を使っていて、柔らかくとても美味しいです。香ばしい香りが広がります。

清盛定食

あなご飯とお蕎麦と天ぷらがセットになったお得な内容。

名物のあなご飯の他に、お蕎麦や天ぷらがセットになった欲張りな内容。とても贅沢です!

ここに来たら!注文したい追加メニュー

いな忠オリジナルの「かきの唐揚げ」。唐揚げで食べる牡蠣が珍しい一品。

牡蠣を唐揚げの衣で揚げた牡蠣料理。カラッと揚げた牡蠣と柔らかい食感がたまらない一品。こちらもオススメ。

■まとめ


いかがでしたでしょうか?宮島のランチ情報で「いな忠」さんを紹介しました。やっぱり!宮島に来たのなら美味しい名物料理を満喫したいですね。僕も大好きなお店です。是非、宮島へこれから観光にお越しになられる方の参考になれば嬉しいです。

それでは、また別のブログで!ともちんでした。

お店情報:いな忠

住  所:広島県廿日市市宮島町507-2

電話番号:0829-44-0125

営業時間:10:30〜15:30頃*季節によって変更あり

休  み:不定休

食べログサイト

シェアしてくれたらぶち嬉しいけ!

書いている人

ホテル宮島別荘の若旦那
武内智弘(ともちん)

1981年広島県宮島生まれ宮島育ち。大学を卒業後、神楽門前湯治村で修行を積み、故郷宮島へ戻り、家業である宮島にある大正から続く100年宿『錦水館』の跡継ぎとして同旅館と、錦水館の経営する『ホテル宮島別荘』の代表を務める。宮島の魅力を伝えるため、宮島での思い出づくりをサポートすべく日々奔走中。