0829-44-1180(受付時間 09:00〜21:00)
宮島お店情報

宮島の海岸通りにあるお食事処「笑福」をご紹介!ともちんのランチ情報

更新日 2018.02.08
目次

どうも、ホテル宮島別荘の若旦那 武内こと、宮島観光アドバイザーのともちんです。

今日のブログは、宮島のランチ情報を紹介したいと思います。最近は色々なお食事できる場所が増えて、島内に住んでいる僕もワクワクしてます。そんな中、今回も新しいお店をレポートしてきたので、是非ランチ選びの参考になれば嬉しいです。

宮島桟橋から徒歩2分。宮島の海岸通りにある「笑福」さんを紹介します!

外観はこんな感じ・・・


広島かき料理笑福と大きな看板が目印。テイクアウトで、あなごめし・かきめし・焼きがきも販売してます。

早速店内へ・・・

店内は椅子とテーブル席のシンプルなつくり、奥にはお庭があります。20名〜30名が入れるくらいの広さです。

メニューは、定食ものからお刺身まであり、お酒と一緒に味わいたいですね!休日なのでビールを一杯(笑)

お昼から飲むエビスビールは美味しいですね!テーブルにはお花の入ったガラスの器もあって、ちょっとした気遣いを感じます。

今回注文したのは、あなご天丼。しばらくして、待ってみると「なんじゃこりゃ・・」というような大きな穴子天ぷら。

箸で持つとこんな感じです(笑)滅多に穴子を一本丸々食べることはないので、自分も初体験です。食べ応えがあるので、男性にオススメです。穴子の骨煎餅も添えられていて美味。

その他に、定番のあなご飯や牡蠣飯などもあります。

冬の味覚 牡蠣飯 & 定番の穴子飯


大体のご予算が2000円前後になりますので、平均的なお値段となります。宮島に来たのなら牡蠣や穴子は外せないですね!是非、グルメなあなたの参考になればと思います。特に宮島のお店は穴子飯もお店によって味付けや調理の仕方が違うので個性があって良いなと思います。今日は、宮島桟橋から徒歩2分ほどの場所にある「笑福」さんをご紹介しました。

是非、宮島へ観光の際はチェックして見てください!

お店情報:笑福


■住  所:廿日市市宮島町1162-6

■電  話:0829-44-0411

■営業時間:10:00〜18:00

■休   み:火曜

■H         P:https://retty.me/area/PRE34/ARE258/SUB25801/100001390995/

■ホテル宮島別荘フォロ得キャンペーン実施中!!

SNSのフォロワー数といいねの数1人=1円に換算!0円でホテル宮島別荘で泊まれちゃう?!ホテル宮島別荘へお得に泊まりたいあなたは、こちらをクリック!

シェアしてくれたらぶち嬉しいけ!

書いている人

ホテル宮島別荘の若旦那
武内智弘(ともちん)

1981年広島県宮島生まれ宮島育ち。大学を卒業後、神楽門前湯治村で修行を積み、故郷宮島へ戻り、家業である宮島にある大正から続く100年宿『錦水館』の跡継ぎとして同旅館と、錦水館の経営する『ホテル宮島別荘』の代表を務める。宮島の魅力を伝えるため、宮島での思い出づくりをサポートすべく日々奔走中。