0829-44-1180(受付時間 09:00〜21:00)
宮島お店情報

初めて宮島を観光される方必見!宮島8つのご当地特集

更新日 2014.03.06
目次

 

こんばんは!

若旦那武内こと

宮島観光アドバイザーのともちんです。

 

宮島は、もみじまんじゅうや杓子、宮島張子など、

伝統的な品からお土産がたくさんございます。

今回のブログでは、宮島に初めてこられる方に向けて

おすすめのご当地商品などを特集した内容を

お伝えできればと思います♪

せっかく、宮島に来たのなら観光と合わせて、

ご当地の名物を味わいたいですね!

美味しい一品発見のブログスタートです。

 

初めて宮島を観光される方必見!宮島8つのご当地特集

 

宮島には沢山のお食事処がございますが、
お店以外にも、沢山のテイクアウト(お持ち帰り)の食べ物があります。

 

表参道商店街を見ていても、食べ歩きしている観光のお客様を見ます!

 

そんなお気軽に食べられるテイクアウトメニューをご紹介します♪
あなたの観光の話のネタになればと思います。

 

1.ビールに最高!にぎり天

 

にぎり天

 

たこやアスパラベーコン、チーズなどバリエーションが沢山あり

熱々を食べると柔らかい歯ごたえとホクホクの食感が口の中に

広がります。お土産屋さんや表参道商店街でも取り扱っている

お店が多いです。

ボリュームもありますので、おやつ替わりにいかがでしょうか?

 

2.宮島のカタチがカワイイもみじ天

もみじ天

 

もみじ天は練り物でも宮島のもみじをイメージしたテイクアウトに

オススメの一品。たこ・えび・あなごなど様々な種類があります。

ビールと合わせて味わいたいですね♪

 

3まる錦本舗の穴子まん&牛まん

宮島蒸し饅

 

宮島の温泉旅館「錦水館」が創業百周年の記念事業として、

宮島に新たな名物をコンセプトに、2つの饅頭をつくりました!

穴子まんは、ほんのり柚子胡椒がきいていて、クセになる味です。

牛まんは、広島牛を使用しており、みその風味が食欲をそそります。

美味しい饅頭をお楽しみ下さい。

http://miyajimaman.com/

 

女性に人気のスイーツ!揚げもみじ

揚げもみじ

 

スイーツにいかが?

もみじまんじゅうを衣をつけて揚げた「揚げもみじ」は、

外はサクサク、中は温かくふっくらしており、おやつ感覚で食べられる

美味しいスイーツです。特に女性に人気の一品です。

http://www.momijido.com/agemomi.html

 

香ばしい香りが食欲をそそる!ぺったら ぽったら

ぽったらぺったら

 

広島のうるち米、もち米の上に牡蠣をのせて秘伝のタレをぬって、

炭火で焼き上げる、ぺったらぽったらは、香ばしく、ひと口サイズで

楽しめる一品です。宮島名物の穴子、広島名物の牡蠣の2つから選べます。

http://pettarapottara.com/

 

ちょうど良い甘さがクセになる焼き芋ソフト

安納芋と栗ソフト

 

宮島の表参道商店街の中にある、風籟堂のオススメのスイーツ♪

ソフトクリームの中に芋を練りこんで、その上に焼き芋をトッピングで

添えています。芋は、甘い安納芋を使っています。

すっきりした甘さにファンが多いです♪

 

こんなにあるの!一度は試したい♪ご当地炭酸

ご当地シリーズ

 

実は、こんなにあったご当地炭酸飲料!!

?広島コーラ・・広島産のはっさくを使用したさわやかなコーラです。

?広島レモンサイダー・・広島産レモンの程よい酸味が美味しいサイダー(広島ブランド認定の飲料)

?宮島コーラ・・スパイシーな風味でキレを感じるコーラです。

?宮島サイダー・・ドライでキレのある大人のサイダーです。

旅のネタになりますので、お土産に買って帰られるお客様も多いです♪

是非、宮島の観光の楽しみの一つにどうぞ!

 

さわやかなな宮島のご当地ビール「宮島ビール」

宮島ビール

 

宮島ビールは、仕込み水の一部に世界遺産登録されている

宮島・弥山原始林に育まれた「霊水」を使用したビールです。

旅館やお店でも取り扱っており、フルーティで苦味が少ない

ので女性にもオススメです。

宮島に訪れたら是非飲みたい1本ですね♪

http://www.miyajima-beer.com/

 

以上が宮島ご当地おすすめの紹介でした♪

旅の楽しみのひとつのご参考になればと思います。

それではお休みなさい♪

ともちんでした。

シェアしてくれたらぶち嬉しいけ!

書いている人

ホテル宮島別荘の若旦那
武内智弘(ともちん)

1981年広島県宮島生まれ宮島育ち。大学を卒業後、神楽門前湯治村で修行を積み、故郷宮島へ戻り、家業である宮島にある大正から続く100年宿『錦水館』の跡継ぎとして同旅館と、錦水館の経営する『ホテル宮島別荘』の代表を務める。宮島の魅力を伝えるため、宮島での思い出づくりをサポートすべく日々奔走中。