0829-44-1180(受付時間 09:00〜21:00)
宮島観光情報

宮島へ渡るフェリーのチケットは片道が良い?往復が良い?メリット・デメリットを紹介。

更新日 2019.05.23
目次

どうもホテル宮島別荘の若旦那 武内こと、宮島観光アドバイザーのともちんです。

今日のブログは、お客様から頂く質問にお答えしています。今日の質問内容はこちら!

「宮島へ渡るフェリーのチケットは片道が良い?往復が良い?」という質問。

そうなんです!

宮島へ渡るにはフェリーに乗らないといけません。宮島口から宮島まで約10分の船旅ですが、プチ海外気分を味わえます。

プチ情報として、宮島口からフェリーに乗るほかに、アクアネット広島の「世界遺産航路」があり、広島の平和記念公園から宮島まで高速船で45分で着くので広島市内観光する方には乗り換えもなくオススメです。

さて本題に戻りますが、

宮島口から宮島へ渡るためのフェリーは2社あります。JRフェリーと松大汽船の2社です。どちらも乗船料は大人180円・子供90円ですが、少し特徴を説明。

JRフェリー🚢


宮島へ向かう行きのフェリーの航路が、宮島のシンボル大鳥居と嚴島神社へ接近して通るルートになりますので、船上から鳥居や神社をご覧いただけます。

松大汽船🚢


松大汽船は、宮島へ向かう航路がほぼ直線ですので、気持ち宮島へ早く到着します。気持ち急いで宮島へ行きたい方にはオススメです。

片道と往復チケットを買うメリットとデメリットについて

ちなみに往復チケットを買っても180円×2=360円なので、往復を買っても割引になることはありません。

片道チケットを買う場合、

メリットは・・好きな時間のフェリーに乗れる事、特に18時以降は便数が少なくなるので、片道チケットの場合は、都合が良い時間に乗れる事が良いです。

デメリットは・・観光シーズン中は、帰りのフェリー(宮島口行き)乗り場が混むので、チケットを購入するのも若干の待ちがあります。

往復チケットを買う場合、

メリットは・・観光シーズンでチケット売り場に並ばなくて良いので帰りはスムーズにフェリーに乗船できる。

デメリットは・・好きな時間にフェリーに乗れない。往復の場合は、他のフェリー会社のフェリーには乗船できないので、若干の待ち時間がある。

フェリーの乗船時間はシーズンと閑散期で若干異なるので、是非フェリー会社の時刻表を参照ください。その他に宮島へは車で乗船もできます。詳しくはこちらのブログも参照ください。>>宮島へのアクセスBLOG

>>JRフェリーHP

>>松大汽船HP

あと、チケットを購入しなくてもJRフェリー、松大汽船で使用できるICカードがありますので、是非お手持ちのICカードで該当がありましたら、大変便利です♪

JRフェリーで使用できるICカード

松大汽船で使用できるICカード

 

まとめ


という事で今日のブログは、宮島へ渡るフェリーのチケットは片道が良い?往復が良い?メリット・デメリットを紹介しました。僕のオススメは閑散期は、片道チケットを購入して、シーズン中特に、ゴールデンウィークやお正月、土日祝日は往復を購入する事をオススメします。これから宮島を観光する方の参考になれば嬉しいです♪

それでは、また別のブログで!ともちんでした。

 

シェアしてくれたらぶち嬉しいけ!

書いている人

ホテル宮島別荘の若旦那
武内智弘(ともちん)

1981年広島県宮島生まれ宮島育ち。大学を卒業後、神楽門前湯治村で修行を積み、故郷宮島へ戻り、家業である宮島にある大正から続く100年宿『錦水館』の跡継ぎとして同旅館と、錦水館の経営する『ホテル宮島別荘』の代表を務める。宮島の魅力を伝えるため、宮島での思い出づくりをサポートすべく日々奔走中。