ともちんの日記

もうすぐ春の雰囲気♪宮島のんびり散策と夕陽に感動。

 

こんばんは!
宮島観光アドバイザーのともちんです。

 

もうすぐ春だな?って
思った事をブログでお伝えしたいと思います。

 

先日、旅館のスタッフと厳島神社の出口からすぐの
レストランZIZO(ジゾー)へランチを食べに行ってきました!
土曜日という事もあり、沢山のお客様が、厳島神社や
大願寺など観光されています。

 

天気も良いと気分も良いですね♪

 

ZIZOに到着して、今日のおすすめランチを注文しました。

写真-3-(1)

 

ランチの内容は、パスタorピザのチョイスとサラダと
飲み物のセットです。
パスタを注文した場合は、バケットがついてきます♪

本日のパスタは、広島名物の牡蠣が沢山入った「牡蠣のペペロンチーノ」です。

ぷりっとした牡蠣とピリっと絶妙な味付で最高です。

 

宮島で本格的にイタメシを食べるならここですね。

地元のお客様も大変多いです。

 

ZIZO

 

レストランZIZOの中は、こんな感じです。

お洒落ですね・・

 

スタッフとランチを食べた後、大願寺前を通ると、春らしい梅の木の花を発見♪

梅の花

 

太陽をバックに、鮮やかなピンク色の梅は、とても綺麗でした。

この風景を見ると、後少しで宮島も春だな?って感じます。

 

例年通りに開花が始まると、3月の下旬あたりから4月の初旬ぐらいまでは、

宮島島内の各名所に沢山の桜が咲くでしょう♪

 

そしてこの日の夕陽がとても綺麗でした。

この感動を伝えたいと思い、フェイスブックに投稿したところ、

沢山の方が大鳥居の夕陽の写真を見て頂けました。

宮島は自然がとても素敵な場所なので、

写真を通じて、伝わればいいな?

 

実は、もう一枚良い写真が遠くから夕陽と大鳥居の

写真を撮影しましたので、このブログでお披露目致しますね♪

 

大鳥居の夕陽

 

綺麗な景色を見ることは、心が和みますし、沢山の方が感動してくれます。

写真を撮影している時に、たまたま観光に来られたお客様の写真を撮ってあげたら、

自分がその日に投稿した写真にメッセージを頂けました♪

 

写真ひとつで、ちょっとした縁や、感動は生まれるんだなって思いました。

 

こうやってFBを通じて、宮島の魅力や場所は離れていますが、

関わった方との距離が近くなれば幸せな事だな?

 

また明日も、あなたにとって幸せな一日でありますように・・

ともちんでした。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

記事が気に入ったら
ホテル宮島別荘を "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

宮島別荘 | Tomohiro Takeuchi

関連記事

  1. ともちんの日記

    リアルな情報を届ける事で、その先にある幸せも届けたい。

    こんばんは、若旦那武内こと、宮島観光アドバイザーのともちんです…

  2. 宮島観光情報

    第4回宮島フォトコンテストをInstagramで開催します!?告知案内?

    宮島の温泉旅館「錦水館」の若旦那 武内こと、宮島観光アドバイザーのとも…

  3. ともちんの日記

    美味しい食材を届けていただいている生産者さんへ訪問して思うこと。パート2

    若旦那 武内です!梅雨入りしたのに今年は天候が晴れの日が多く、…

  4. ともちんの日記

    販促物はお客様をワクワクさせる贈り物

    こんにちは!若旦那 武内こと、宮島観光アドバイザーのともちんです。今新…

  5. 宮島観光情報

    春先取り!宮島のお花見スポット3カ所ご紹介。

    おはようございます!若旦那武内こと、宮島観光アドバイザーのとも…

  6. ともちんの日記

    大願寺や歴史民俗資料館のすぐ近く!お好み焼きまとちゃんをご紹介

    こんばんは、若旦那武内こと、宮島観光アドバイザーのともちんです。…

広島県の天気

ブログカレンダー

2018年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930


  1. ともちんの日記

    旅館の企画を考える時に必要な3つのポイント
  2. 宮島観光情報

    なぜ宮島と呼ばれるようになったのか?宮島の面白ウンチクを紹介。
  3. 宮島お店情報

    宮島名物ふわふわホクホクの穴子飯は錦水館オリジナル!
  4. ともちんの日記

    宮島の夏の思い出「Best Photo of Summer」
  5. ともちんの日記

    モノがありふれた時代に自社の魅力を伝えるためにする事。
PAGE TOP