0829-44-1180(受付時間 09:00〜21:00)
ともちんの日記

個人の情報発信が大切な時代になったと改めて実感した事

更新日 2014.10.31
目次

若旦那武内こと、宮島観光アドバイザーのともちんです。

前泊と合わせて4日間、沖縄の勉強会に参加してきました。一番、びっくりした事は、沖縄の勉強会に関わらず、遠くは新潟からこの勉強会のために参加された方もいて、意識の高さに驚きました。

セミナーの内容は、 沖縄 エクスマ的にソーシャルメディアと紙販促を活用するセミナー

個人の情報発信で、お客様と関係性を深くできる時代になったと改めて実感しました。講師の先生方は、実際に個人の情報発信だけで、セミナーの集客、展示会がいつも満席になるほど成果を出されています。

大切な事は、誰が情報を発信して、誰と繋がるか、だと感じます。

そのためには、個人がまず顔や名前を出して、情報の発信をしないとね♪そして何よりソーシャルメディアの情報発信を始めないと、お客様と関係を深くする事は難しい。

ボクもソーシャルメディアの活用を始めた頃は、どう思われるか不安で、名前や顔を出すのが嫌だった。でも名前や顔、どんな人の情報発信か分からなければ、誰も投稿を見てくれないです。実際に見てもらえなかった。

始めた当初のフェイスブックページのタイムライン

名称未設定 3

 

鹿さんの写真だけ・・誰が発信しているのか、また何を伝えているのか意味が分からない。

現在のフェイスブックページのタイムライン

名称未設定 2

 

名称未設定 1

ちゃんと自分の名前を出して、宮島の観光情報をブログで書きました!と告知。ブログを見て頂いたお客様からコメントをもらえるようになりました。ボクは写真を撮る事も好きなので、企業ページにも投稿します。宮島の風景をお客様に届ける事で、またこんな景色を見にいきたいね?とお客様と自然とコミュニケーションが生まれたりしました。

ソーシャルや紙の発信でも誰に発信するかが重要

エクスマの考え方

●誰が

●誰に

●何を伝えて

●どう行動して欲しいか

 

誰が・・錦水館の若旦那 武内 智弘(ともちん)

誰に・・宮島に旅行に行きたい方、旅館に興味がある方、一度宿泊されたお客様

何を伝えて・・宮島に旅行に行きたい!と思えるような観光や宿の情報を伝えて

どう行動して欲しいか・・宮島、旅館に来て欲しい!(自社・HPで予約して欲しい)

まず情報を発信する前に、上記の事を考えると発信する内容もブレなくなると思います。だからこそ、誰が発信しているか、個人の事を知ってもらう事が大事ですね。それから、発信する相手を決める、その人がどんな事に共感を持ってもらえるか?その人が抱える不安は何か?を考え、解決できる事を伝える。どう行動してもらいたいかをハッキリする。

その事を意識して繰り返し発信ていくと、徐々に情報を見てくれる人も増えていくし、お客様とのコミュニケーションも増えていくと思います。そしたら会社ではなく、あなた(個人)のファンが増えていくと思います。

ブログまとめ

どんなに良いと思う情報を発信しても、誰が発信して、どんな人なのか分からないと伝わりにくいですね。

ボクは、ソーシャルメディアで情報を発信して、お客様により宮島や宿の魅力を伝えたい・・お客様に喜んでもらいたい・・という気持ちをカタチにしたいと思い始めました。これからもお客様ために発信を続けようと、改めて思ったセミナーでした。ではまた別のブログで、ともちんでした。

最後に、藤村先生、短パンさん、ゆかりん、ハッピーさん、ストロベリーさん、かっちゃん、ソーシャルリーダーの2期のみんなのおかげで、事例を発表する事ができました。本当に感謝しています。ありがとうを沖縄から♪

エクスマ塾ソーシャルリーダー

シェアしてくれたらぶち嬉しいけ!

書いている人

ホテル宮島別荘の若旦那
武内智弘(ともちん)

1981年広島県宮島生まれ宮島育ち。大学を卒業後、神楽門前湯治村で修行を積み、故郷宮島へ戻り、家業である宮島にある大正から続く100年宿『錦水館』の跡継ぎとして同旅館と、錦水館の経営する『ホテル宮島別荘』の代表を務める。宮島の魅力を伝えるため、宮島での思い出づくりをサポートすべく日々奔走中。