0829-44-1180(受付時間 09:00〜21:00)
宮島の季節や風景

神秘的なナイトクルーズをご紹介!屋形船の観光を楽しむ3つのポイント

更新日 2014.11.21
目次

宮島 屋形船

こんばんは、若旦那武内こと、宮島観光アドバイザーのともちんです。

今日のブログは、宮島の夜の観光にオススメの「屋形船クルーズ」をご紹介致します♪何度かブログでも紹介しているのですが、今回は、自分が実際に屋形船に乗船してお客様目線で観光した事をレポートしたいと思います。

まず屋形船とは何か?

というご質問があると思いますので、簡単にご説明致します。屋形船は、宮島の第三桟橋から運航する世界文化遺産の厳島神社、大鳥居を海上から参拝できる人気のスポットです。定員は50名程乗れます。滅多に体験できない風景を見る事ができますので、日帰り観光でお時間がある方や、宮島に泊まられるお客様も観光プランに入れられる程です。

ではここで屋形船をより楽しむためのポイントをご案内しますね♪

ポイント(1)乗船時間が大切です。

屋形船をより楽しむためのポイントとして、ライトアップされた大鳥居を観光したい場合は、日没の時間を確認する事でライトアップされた大鳥居を海上から見る事ができます。厳島神社や大鳥居のライトアップは、日没からライトアップして、夜の23:00迄、行われています。夏に観光する時は、日が長いので最初の運航便では見る事ができないので注意です。冬は逆に17:00には日が暮れますので、ライトアップを早く見る事ができます。

写真 2014-11-17 18 45 00

ポイント(2)知ってましたか?大鳥居の下を屋形船でくぐれる事を・・

次に、知ってましたか?大鳥居の下を屋形船でくぐれる事を・・というポイントで、海水の潮位が高い時には、大鳥居の下を屋形船でくぐる事ができます。ですから、もし屋形船の観光を楽しみたい方は、潮位を調べておくと良いです。自然の現象なので、直接乗りたい日が決まっていれば船会社に確認して、「大鳥居の下をくぐれる便はありますか?」と聞く事をおすすめします。

写真 2014-11-17 18 50 25

基本的に屋形船はご予約が必要です!

屋形船の会社「アクアネット広島」をご紹介。

ご予約電話 TEL:0829-44-0888(受付時間9:00-21:00)迄

ホームページはこちらをクリック

<乗船時間>

?17:55 ?18:35

?19:15 ?19:55

?20:35 ?21:15

乗り場はこちらをクリック

ポイント(3)こんな体験ができます!動画で屋形船を案内

この説明だとよく伝わらない!とい方には是非この動画で、屋形船の体験をご覧頂けたらと思います。錦水別荘(宮島桟橋前)から屋形船の乗り場までルート、屋形船の様子、大鳥居のライトアップ参拝の様子を収録しておりますので、参考になればと思います。是非ご覧くださいませ。

ブログまとめ

いかがでしたでしょうか?屋形船は、ライトアップされた大鳥居や厳島神社を海上から参拝でき、非日常を体験できる観光スポットです。秋や冬は、屋形船の観光は冷えますが、空気が澄んでいてとても綺麗な大鳥居がご覧頂けます♪是非、宮島観光を楽しむひとつとしてご参考下さいませ。

シェアしてくれたらぶち嬉しいけ!

書いている人

ホテル宮島別荘の若旦那
武内智弘(ともちん)

1981年広島県宮島生まれ宮島育ち。大学を卒業後、神楽門前湯治村で修行を積み、故郷宮島へ戻り、家業である宮島にある大正から続く100年宿『錦水館』の跡継ぎとして同旅館と、錦水館の経営する『ホテル宮島別荘』の代表を務める。宮島の魅力を伝えるため、宮島での思い出づくりをサポートすべく日々奔走中。