0829-44-1180(受付時間 09:00〜21:00)
宮島の季節や風景

ちょっと早いけど、宮島で知っておきたい!お花見スポット(パート1)

更新日 2016.02.15
目次

こんばんは、宮島の温泉旅館「錦水館」の若旦那 武内です。

2月13日・14日に、宮島の”かき祭”が雨の中開催されましたが、最終日は天候も回復して、お客様も色々な牡蠣料理を楽しんでいました。

さて、もうすぐ3月になりますね!

早いもので、春の桜の季節になります。宮島島内には、1,900本ほどの桜の木が島内にあり、3月の下旬から4月の上旬には美しい花びらが咲きます。今回は、少し早いですが、春に訪れたい宮島のお花見スポットをブログで紹介致します。

春に宮島へ観光にお越しになられるお客様の旅の参考になれば嬉しいです。

1年で、この季節にしか出会えない桜の宮島を是非、訪れてはいかがでしょうか?気候も暖かく、観光には最適です。

今日は、おすすめのスポットを3つ紹介します。

それでは、お読みください(^-^)

宮島のお花見スポット・パート1

宮島桟橋から徒歩3分!宮尾城跡の桜

宮尾城跡3

宮尾城跡4

宮尾城跡は、嚴島合戦の際に、1554年に、毛利元就がこの場所に城を建て、番兵をおき、陶晴賢軍の海からの襲来を阻んだといわれています。今は城跡にベンチがあり、春はお花見のスポットとして人気です。満開の桜を見ながらのお花見は最高ですね。

 

町屋通りの小高い丘にある誓真大徳碑の桜

ボクのおすすめの穴子飯のお店「和田」さんがある場所からすぐ!お花見のお客様も少なく、のんびりお花見を楽しめるのがポイントです。誓真さんは、宮島の恩人と呼ばれ、飲水不足に困った島民のために、十カ所井戸を掘り、助けたとされています。その井戸は「誓真釣井」と言われています。その誓真さんの功績を称えた記念碑がある場所が桜のおすすめスポットです。ここから見る町屋の景色は、なんだかほっこりします。夕暮れ時は近くの坂道で綺麗な夕陽がみれます。

光明院6

五重塔1

 

細路地をすすむとそこは”桜の園” 桃 林

桃林1

桃林2

細路地を抜ける、とこんな風景が・・・

一面に広がる桜の風景に癒されます。桃林は、嚴島神社の出口から徒歩2分ほど。水族館へ向かう道の途中、お好み焼き「まとちゃん」の旗がある場所を左に曲がると到着します。写真映えもよく、春の写真を撮影するのにもいいです。

今日は、ここまで!また次回のブログで、宮島島内でおすすめのお花見スポットを紹介します。春に宮島へ観光にお越しになられるお客様の旅の参考になれば嬉しいです。

 

もっと宮島の桜がみたい方はこちら↓↓↓YouTubeで配信。

 

ともちんグラム

RETRIP

町屋通り通信

シェアしてくれたらぶち嬉しいけ!

書いている人

ホテル宮島別荘の若旦那
武内智弘(ともちん)

1981年広島県宮島生まれ宮島育ち。大学を卒業後、神楽門前湯治村で修行を積み、故郷宮島へ戻り、家業である宮島にある大正から続く100年宿『錦水館』の跡継ぎとして同旅館と、錦水館の経営する『ホテル宮島別荘』の代表を務める。宮島の魅力を伝えるため、宮島での思い出づくりをサポートすべく日々奔走中。