宮島観光情報

なぜ宮島と呼ばれるようになったのか?宮島の面白ウンチクを紹介。

宮島の温泉旅館「錦水館」の若旦那 武内こと、宮島観光アドバイザーのともちんです。

今日のブログは、宮島の面白ウンチクを紹介しています。なぜ、宮島と呼ばれるようになったのか?お客様から頂いた質問に答えようと思います。是非、ご覧ください。

宮島の名前の由来とは・・・

嚴島神社 (29)

広島県の廿日市市にある宮島は、古くは「安芸国(あきのくに)」と呼ばれていました。穏やかな瀬戸内海に浮かぶ島で、世界文化遺産に登録された嚴島神社があります。

「嚴島」と呼んだり「宮島」と呼ぶ方もいますが、現在は、ほとんどのお客様が「宮島」と呼んでいます。

江戸時代以降に「お宮(嚴島神社)のある島」ということで宮島と呼ばれるようになったそうです。使い分けの定義はありませんが、宮島の方がとても、書きやすいですね。1996年に正式に、ユネスコの世界文化遺産に登録されてから、観光地として認知度が高くなったので、宮島の方がお客様にとっては親しみやすいですね。

嚴島神社 (45)

嚴島神社に、宗像三女神が祀られており、島自体を神とされてきました。そのために、下記の事が禁じられてきました。

◎島では農業が禁じられていた。

◎亡くなった方は島で埋葬せずに、本土で葬った。

◎出産も島内で行わず、生理の時も特別設けた小屋で過ごした。

などなど、当時は、色々な決まりがあったんですね。現在は、島で農業をされている方もいます。現在も宮島にはお墓はありません。

あと、こんなジンクスも宮島にはあります!

宮島にカップルで来たら別れる・・・という噂です。もちろん、こんなジンクスは嘘ですが、昔から伝えられて来ました。なぜ、こんな噂が流れたのかというと、昔、宮島の町屋通りには、遊郭があり、旦那さんが、奥さんについた嘘がキッカケになっていると聞きます。

宮島には、色々な言い伝えや決まりなどもあって、その歴史などを知ると面白いですね(^-^)

ブログまとめ

以上が、なぜ宮島と呼ばれるようになったのか?の質問にお答えしました。途中話が脱線してしまいましたが、知れば知るほど、宮島に興味が湧いてきます。今日のブログがお客様のお悩み解決になれば嬉しいです。

 

ともちんグラム

町屋通り通信

RETRIP

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

  1. 宮島 秋の紅葉情報をお届け【紅葉谷公園 2018.11.3時点】
  2. 第5回宮島フォトコン入賞作品&グランプリを発表!

関連記事

  1. 宮島観光情報

    ひとり旅の女性必見!おすすめ宮島観光スポットをご紹介。

    若旦那武内こと、宮島観光アドバイザーのともちんです。今…

  2. 宮島観光情報

    春の名残を求めて、宮島島内を散歩。

    こんにちは、若旦那武内こと、宮島観光アドバイザーのともちんです…

  3. 宮島観光情報

    宮島の9月のイベント情報「宮島ローソク祭り萬燈会」をご紹介

    錦水館の若旦那武内こと、宮島観光アドバイザーのともちんです。…

  4. 宮島観光情報

    はじめての弥山観光をサポート!【弥山パーフェクトガイド】を紹介。

    宮島観光アドバイザーのともちんです。今日のブログは、宮…

  5. 宮島観光情報

    宮島ブルワリー【MIYAJIMA BREWERY】ビール好きにはたまらない宮島に新しくオープンしたお…

    どうも!ホテル宮島別荘の若旦那 武内です!今日のブログは、宮島…

広島県の天気

ブログカレンダー

2018年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  


  1. 宮島観光情報

    第5回宮島フォトコン入賞作品&グランプリを発表!
  2. ともちんの日記

    坂の町「尾道」の魅力!歩いて感じた尾道観光の楽しみを紹介。
  3. 宮島お店情報

    初めて宮島を観光される方必見!宮島8つのご当地特集
  4. ともちんの日記

    宮島の12月のイベント情報
  5. ともちんの日記

    宮島の夏のイベント「宮島踊りの夕べ」に参加してきました♪
PAGE TOP