0829-44-1180(受付時間 09:00〜21:00)
宮島の季節や風景

宮島の桜の花びらも散ってきました!島内の桜状況をお届け。

更新日 2016.04.09
目次

こんばんは、錦水館の若旦那 武内こと、宮島観光アドバイザーのともちんです。

宮島の桜の花びらも散ってきました!

春の桜もとても美しいですが、散り際も美しいですね。今日の実家の近くから見た桜の木々も青葉がついて、初夏に向かっているな?って実感します。今年の桜は、咲き始めが遅くて、いっきに咲いて、徐々に散っていった感じでした。宮島島内を歩くと、散った桜の花びらが絨毯のようになって美しい風景を見ることができます。

写真 2016-04-09 13 45 48

桜の花火も散って、葉桜になってきました。写真は要害山の仁王門跡で見た桜。今日は天気もよく、心地よい風に桜の花びらが舞って綺麗でした。

写真 2016-04-09 13 47 33

地面に散った桜の花びらが春の終わりを告げているようです。一面が”白”と”ピンク”の絨毯になっています。

写真 2016-04-09 15 23 47

大元公園の桜の花びらも散って緑の葉が出てきました。大元公園は、水族館の近くにあって森林浴を楽しむお客様が多いです。春の時期は、ピクニックなどの利用にもオススメのポイントです。

写真 2016-04-09 15 26 54

まだまだ、公園内を歩くと、桜の花びらが咲いていて美しいです。半袖でも暖かい日中。ぽかぽかですね。

散り際の桜も綺麗な宮島・・・

今日は、少し足を伸ばして、大元公園まで歩いてきました。最近は仕事でバタバタしていて遠くまで歩くことがなかったのですが、まだ綺麗な桜を見れて良かったです。今年、桜を見れなかった方も是非、来年宮島の桜をご覧にお越し下さいませ(^-^)

ここで少しウンチク!

花名の由来

サクラの語源は諸説あり、「咲く」に複数を意味する「ら」を加えたもの、日本神話に登場する女神・木花咲耶姫(コノハナノサクヤビメ)のサクヤをとったもの、春に里にやってくる稲(サ)の神が憑依する座(クラ)であること、などの説があるそうです。

桜の種類別の花言葉もあります!

?ソメイヨシノ

「純潔」「優れた美人」

?シダレザクラ

「優美」「ごまかし」

?サトザクラ、ヤエザクラ

「豊かな教養」「善良な教育」「しとやか」

?ヤマザクラ

「あなたに微笑む」「純潔」「高尚」「淡白」「美麗」

?フユザクラ

「冷静」

?カンザクラ

「気まぐれ」

桜の種類によっても、こんなにも沢山の花言葉があるんです。勉強になります。

それでは、また別のブログで!ともちんでした。

 

RETRIP

ともちんグラム

町屋通り通信

シェアしてくれたらぶち嬉しいけ!

書いている人

ホテル宮島別荘の若旦那
武内智弘(ともちん)

1981年広島県宮島生まれ宮島育ち。大学を卒業後、神楽門前湯治村で修行を積み、故郷宮島へ戻り、家業である宮島にある大正から続く100年宿『錦水館』の跡継ぎとして同旅館と、錦水館の経営する『ホテル宮島別荘』の代表を務める。宮島の魅力を伝えるため、宮島での思い出づくりをサポートすべく日々奔走中。