宮島観光情報

嚴島神社参拝のポイント!宮島観光に役立つまめ知識をご紹介。

どうも!錦水館・ホテル宮島別荘の若旦那 武内こと、思い出づくりアドバイザーのともちんです。

今日のブログは、嚴島神社参拝のポイント!という内容で記事を書いています。よくお客様から嚴島神社で参拝する時の注意点や作法を知りたい!という声がありましたので、宮島観光を楽しむポイントとして紹介します。今回のブログが、あなたの参考になれば嬉しいです。それではご覧ください。

表参道商店街から石鳥居をくぐる。

最初のポイントですが、まずは、フェリーを降りて、嚴島神社へ向かう石鳥居の参道についてです。石鳥居を真ん中からくぐる観光のお客様もいらっしゃいますが、石鳥居の両サイドを歩くか、石鳥居の柱の外側を歩く事が正しいとされています。鳥居の真ん中は神様が通る場所として言われるため、参拝する際のポイントとして知っておいた方が良い内容です。

入り口で拝殿料を支払い、手水所で身体を清める。

神社の入口で拝殿料金を支払った後は、すぐ近くに手水所があるので、そこで身体を清めてから神社の中を進みます。

1.右手に柄杓(ひしゃく)を持ち、左手を清めます。

2.次に左手に柄杓を持ち、右手を清めます。

3.もう一度、右手に柄杓を持ち、左手に水を受け入れ口を洗い、左手を洗います。

4.最後に柄杓を立てて、柄(え)の部分を洗います。

祓い所で参拝する。

入口で1礼した後に進むと、祓い所でお祓いをします。

1.2礼2拍手1礼で参拝の後、祓い串にて身体をお祓いします。

2.正面に祓い串を持ち、胸の高さにします。

3.次に肩へ左・右・左と祓い、その後1礼します。

客神社を参拝する。

天忍穂耳命(あめのおしほのみこと)天穂日命(あめのほひのみこと)天津彦根命(あまつひこねのみこと)活津彦根命(いくつひこねのみこと)熊野櫞樟日命(くまのくすのひのみこと)が祭られている客神社は、 嚴島神社で神事がある際に最初に必ず、参拝される場所です。

その後順序通りに参拝します。

嚴島神社の入口に参拝順路の地図が配布されていますので、そちらを見ながら参拝すると順序も分かって便利です。下の画像は、嚴島神社公式ページを参照

という事で、今回のブログは、嚴島神社参拝のポイント!宮島観光に役立つまめ知識をご紹介しました。今年も観光に役立つ情報をお届けできたらと考えていますので、よろしくお願い致します。それではまた、別のブログで!ともちんでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

  1. 第5回宮島フォトコン入賞作品&グランプリを発表!
  2. 宮島 秋の紅葉情報をお届け【紅葉谷公園 2018.11.3時点】

関連記事

  1. ともちんの日記

    宮島の12月のイベント情報

    錦水館 若旦那武内こと、宮島観光アドバイザーのともちんです。…

  2. 宮島観光情報

    宮島夏の思い出を振り返り。来年参加したい!宮島のイベント情報。

    どうも!宮島のホテル宮島別荘の若旦那 武内こと、宮島観光アドバイザーの…

  3. 宮島観光情報

    宮島 海に浮かぶ嚴島神社の謎(世界ふしぎ発見!からの気づき)

    宮島の温泉旅館「錦水館」の若旦那 武内こと、宮島観光アドバイザーのとも…

  4. 宮島観光情報

    なぜ宮島と呼ばれるようになったのか?宮島の面白ウンチクを紹介。

    宮島の温泉旅館「錦水館」の若旦那 武内こと、宮島観光アドバイザーのとも…

  5. 宮島観光情報

    宮島 嚴島神社の観光をより楽しむアドバイス!3つのポイント

    こんばんは!宮島の旅館 錦水館の若旦那武内こと、宮島観光アドバ…

広島県の天気

ブログカレンダー

2019年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  


  1. ともちんの日記

    宮島の桜の様子3.30のスポットの様子をご紹介♪
  2. ともちんの日記

    夏はビールが恋しいですね♪ともちんのゆるい休日
  3. ともちんの日記

    情報社会の未来に向けて取り組むために必要と感じるスキル
  4. 宮島お店情報

    初めて宮島を観光される方必見!宮島8つのご当地特集
  5. ともちんの日記

    旅館の企画を考える時に必要な3つのポイント
PAGE TOP