0829-44-1180(受付時間 09:00〜21:00)
宮島観光情報

宮島でバンビに出会ったら注意する事【知っておきたい知識】

更新日 2016.06.26
目次

宮島の温泉旅館「錦水館」の若旦那 武内こと、宮島観光アドバイザーのともちんです。

今日の宮島は、曇り模様・・・梅雨の時期は、じめじめする天気が続いていますが、曇りの空の向こうに茜色の夕陽を見ることができました!とても綺麗な夕陽でした。

写真 2016-06-25 19 35 52

雨が続いていましたが、夕陽を見ていると、気持ちがスッキリしますね!

さて、今日のブログは、宮島でバンビに出会ったら注意する事【知っておきたい知識】を書いています。ここ最近は、鹿さんの出産が多く、よく島内を歩いている小さいバンビを連れた鹿さんのグループを見ることがあります。見ていて、ほっこりしますね!今日は、そんなバンビについてです。

写真 2016-06-13 16 24 45

Twitterで、生まれたてのバンビに、触ると、人間の匂いがついて、親が子育てしなくなり、バンビが死んでしまうという記事。

その理由のひとつに、鹿さんの習性があります。鹿さんは、嗅覚が発達しており、ニオイで危険を察知する習性があります。生まれたてのバンビに人が触ってしまうと、子供の匂いを覚えていない親鹿は、人のニオイに敏感になってしまい、近寄らなくなるというケースもあると考えられます。また、親鹿が餌などを探す際に、バンビを別の場所に待機させる事があります。親鹿がいない時は、バンビも警戒しているので、人が近づきすぎると、逃げてしまい、待機した場所を忘れてしまい、親とはぐれてしまうケースもあります。
写真 2016-06-25 8 07 30

かわいいけど、もしかしたら、大切な親とはぐれてしまう事もありますので、観光される方も、遠くから見守るようにバンビを見てあげると、鹿さんも幸せだと思います。もし、記事をご覧になられた方で、バンビさんと出逢う事があれば、少しこの記事の内容を思い出して頂ければ嬉しいです。

では、また別のブログで!ともちんでした。

シェアしてくれたらぶち嬉しいけ!

書いている人

ホテル宮島別荘の若旦那
武内智弘(ともちん)

1981年広島県宮島生まれ宮島育ち。大学を卒業後、神楽門前湯治村で修行を積み、故郷宮島へ戻り、家業である宮島にある大正から続く100年宿『錦水館』の跡継ぎとして同旅館と、錦水館の経営する『ホテル宮島別荘』の代表を務める。宮島の魅力を伝えるため、宮島での思い出づくりをサポートすべく日々奔走中。