宮島観光情報

宮島 海に浮かぶ嚴島神社の謎パート3(世界ふしぎ発見!からの気づき)

宮島の温泉旅館「錦水館」の若旦那 武内こと、宮島観光アドバイザーのともちんです。

2016.9.24(土)の「日立 世界ふしぎ発見!」で、モン・サン=ミッシェルと宮島が放送された内容について、宮島観光に役立つ情報が沢山ありましたので、これから宮島へお越しになられる方へシェアします。

??嚴島神社の謎 廻廊の秘密はこちら。

??嚴島神社に隠された数字の意味。

今回は大鳥居の秘密について・・・書いています。それでは世界ふしぎ発見!(笑)

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-09-25-11-13-36

宮島のシンボルと言われる大鳥居。なぜ、大鳥居は宮島にあるのか?

それは、宮島の島全体がご神体とされていました。そのため、昔、人は島に渡る事はできなかったそうです。そのため、人は海上から参拝をする習慣があったようです。嚴島は、昔「伊都岐島(いつきしま)」と呼ばれており、その名前の由来も神の住む場所という意味です。大鳥居は、神聖な場所の入口の役割を果たしていると考えられています。

大鳥居の主柱は、根元の直径が3メートル、周囲を合わせると10メートル以上。主柱には、なんと!樹齢600年から800年の楠の自然木が使われています。大鳥居は、地中に埋められていると思われがちですが、実は、土の上に置いてあるだけ・・・

なんと140年以上も倒れずに、現在に至っています。

なぜ、140年も倒れずに現在もあるのか・・・

それには、こんな秘密があります。

大鳥居の主柱と脇柱4本、すべての総重量を合わすとなんと60tもあるのです!

大鳥居 (117)

また、台風の風の影響や、波の影響にも耐える事ができるのは、大鳥居の屋根にも秘密があるんです。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-09-25-11-17-08

鳥居の屋根の下に2本の材木が組み合わせされている箱があります。その中には、小石が7t入っており、主柱と脇柱の6本の柱をおさえる役割をしています!

だから大鳥居は、140年もの間、倒れる事なく現在に存在しています。

いかがでしたでしょうか?大鳥居の謎・・・少しは宮島観光に役立ちましたでしょうか?知れば知るほど、新しい宮島の魅力を発見できますね!それでは、また別のブログで!ともちんでした。


第3回宮島フォトコンテスト開催のお知らせ

第3回宮島フォトコン開催ハ?ナー

宮島の風景をみんなで発見!発信 miyajima_gram

宮島く?らむ2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

  1. 第5回宮島フォトコン入賞作品&グランプリを発表!

関連記事

  1. 宮島観光情報

    第4回宮島フォトコンテストをInstagramで開催します!?告知案内?

    宮島の温泉旅館「錦水館」の若旦那 武内こと、宮島観光アドバイザーのとも…

  2. 宮島観光情報

    宮島の絶景カフェをご紹介!その名も「天心閣」。香ばしい珈琲の香りに誘われて。

    どうも、ホテル宮島別荘の若旦那 武内です。今日のブログは、宮島…

  3. ともちんの日記

    宮島のおすすめスイーツ紹介。宮島唯一!BACCANOで味わう絶品ジェラート♪

    どうもホテル宮島別荘の若旦那武内こと、宮島観光アドバイザーのともちんで…

  4. 宮島観光情報

    ここが見所!厳島神社観光の魅力をお届け!パート?

    おはようございます!宮島観光アドバイザーの…

  5. 宮島観光情報

    フォロワー数といいねの数を優遇するフォロ得キャンペーン!はじめたよ!

    どうも!ホテル宮島別荘の若旦那 武内です!今日のブログは、昨日…

  6. 宮島観光情報

    2018年度グルメ情報【旨い!あなご飯はここだ!】若旦那の穴子飯ランキング

    どうも、ホテル宮島別荘の若旦那 武内こと、宮島観光アドバイザーともちん…

広島県の天気

ブログカレンダー

2018年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  


  1. 宮島観光情報

    宮島お気に入りのcafe巡り「Sarasvati」をご紹介
  2. ともちんの日記

    誰でも簡単に!美しい星空が撮影できるカメラ設定のポイント説明。
  3. ともちんの日記

    宮島の1月・2月のイベント情報をご紹介
  4. ともちんの日記

    CS基礎講座で学んだ事?
  5. ともちんの日記

    僕のエピソード『僕が家業を継ごうと思ったきっかけ』
PAGE TOP